« 8/9の傍観車 | トップページ | 8/11の傍観車 »

2009年8月10日 (月)

8/10の傍観車

 キューブといえば、今や日産で最もファッショナブルといえるモデルですが、その初代は随分垢抜けないデザインでしたよね。

 でも、当時、販売不振の中、例外的に売れ続け、日産の屋台骨を支えたという話は有名で、このクルマはいわば「恩人」なわけです。

 個人的には、何故あのカタチだったのか、何故売れたのか、いまだに理解できないんですが・・・・(^_^;)

|

« 8/9の傍観車 | トップページ | 8/11の傍観車 »

コメント

初代キューブは、僕から言わせればキューブじゃないですね。
2代目の完成されたエクステリアを見るとそう思います。

投稿: エディ | 2009年8月10日 (月) 12時43分

まいど、エディさん(^_^)/

初代から2代目にかけて継承されたデザインテイストがないところを見ると、日産もその辺は重々承知していたんでしょうね。

投稿: ヨシキ | 2009年8月10日 (月) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/45432198

この記事へのトラックバック一覧です: 8/10の傍観車:

« 8/9の傍観車 | トップページ | 8/11の傍観車 »