« 9/14の傍観車 | トップページ | 9/16の傍観車 »

2009年9月15日 (火)

9/15の傍観車

 シトロエンBX・・・・このクルマのことは死ぬまで忘れないでしょう。

 初めて見たのは、とあるショッピングモール内にあったユーノスのショールームでした。個性的なモデルが多かったユーノス車の中にあっても図抜けて目立つ風変わりな存在であったこのクルマに私の目は釘付けとなり、思わずドアを開けて中に乗り込んだのです。

 すると、そこには日本車とは全く違う世界が広がっていました。繊細なブルーグレーでカラーコーディネートされた室内、味わったことのない座り心地と形状のシート、一本スポークのステアリング、ハイドロニューマチックの車高調整レバー、ダッシュボードやメーター類、小物など細かい部品一つ一つに至るまで感じられるチープながら洒落たデザインセンス・・・・、そのすべてが一瞬で私を虜にしてしまったのです。

 そこからはもうまっしぐらで、カタログをもらい、関連書物を読みあさり、実車購入まではあっという間でしたね。そしてオーナーとなってからも「ダブルシェブロン熱」が醒めることはなく、関心はフランス文化全般にまで広がっていったというわけです。

 今でも、懐が許すならC6を所有したいと心底思っているんですが・・・・

|

« 9/14の傍観車 | トップページ | 9/16の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/45793981

この記事へのトラックバック一覧です: 9/15の傍観車:

« 9/14の傍観車 | トップページ | 9/16の傍観車 »