« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

6/30の傍観車

 初代インサイトを見ました。

 スポーティーでコンパクトな2ドアクーペボディーと、印象的なリアホイールのスパッツは今見ても斬新です。

 ところで、CR-Zの先祖は誰が考えてもこのクルマだと私は思うのですが、どうでしょう・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

6/29の傍観車

 エコカー減税の影響などでHVが売れに売れる中、一時あれだけ持て囃されていた軽自動車の売上が低迷しているらしいですね。

 でも、ダウンサイジングによる軽量化がエコに貢献することは間違いなく、効率的なEVへの転換がうまくいけば、こちらが本命になると私は思っているんですけどね・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

6/28の傍観車

 最近ウチの近所ではマイカーをHVにする家が増えています。

 以前クラウンやマークⅡが停まっていたガレージに収まるのは、プリウスやサイ、レクサスHS250hとトヨタ車ばかりなのが多少気になりますが、保守的なシニア層の間にも時代の風は確実に吹いているという事でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

6/27の傍観車

 英国のクルマといえば、やっぱりミニでしょう。

 オリジナルミニはとにかく日本で売れに売れ、欧米ではすっかりクラシックカー扱いとなっていた1990年代でも、新車が輸入されていましたものね。

 あのコンパクトさ簡素さが、日本人の感性にピタリとはまったからこその結果だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

6/26の傍観車

 オンロードでも快適なクロカン四駆・・・・

 今でこそクロスオーバーという言葉が通っていますが、思えばこのコンセプトを初めて具現化したのがレンジローバーだったのではないでしょうか。

 でも、予想外だったのはそのステイタス性で、式典などにエリザベス女王が乗り付けるクルマとして使われるとは、開発者のスペン・キングも夢にも思わなかったでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

6/25の傍観車

 初代レンジローバーを見かけました。

 「砂漠のロールスロイス」といわれるほど堂々たる雰囲気を持ち、ステイタスの高いSUVとしても孤高の存在であったこのクルマも、今となっては意外とコンパクトなサイズなんですよね。(全長4470mm×全幅1778mm×全高1778mm)

でも何より私が好きなのは、直線基調のシンプルなフォルムと簡素な丸目ヘッドライトで構成されたエクステリアデザインが、「清貧の思想」を生んだ英国そのものといった感じであることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

6/24の傍観車

 全長3m以内のミニカー・・・・成功作といえるのは最初に出たスマートくらいでしょうか。

 昨日書いたツインも、発表前に話題沸騰だったiQも、今ではすっかり希少車です。

 人口減少と高齢化を見据えたコンセプトだと思ったんですが、メーカー側としてもすっかり当てが外れたという感じかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

6/23の傍観車

 スズキ・ツインを見かけました。

 見て呉れは和製スマートといった感じですが、プラットフォームはコンベンショナルな軽自動車のものを採用しています。

 それよりも、このクルマには市販軽自動車初のHVモデルが存在していたんですよね。仕組みは、エンジンとトランスミッションの間に仕込んだ小型モーターがエンジンをアシストするという簡易的なものでしたが、市販化の意義は大きかったと思います。

 ただHVモデルは高価格だったことと、2人乗りミニカーの需要があまりに少なかったことなどで、2003年から2005年までの間しか生産されませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月22日 (火)

6/22の傍観車

 ヴェロッサのような派生車種・兄弟車と呼ばれるクルマ・・・・

 販売チャンネルを増やすことがトレンドだったバブル期には、どのメーカーも作っていたものですが、今やほぼ全滅といった状態です。

 それにしても、価値観の多様化に対応するためといっていたメーカーは、どういいわけするんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

6/21の傍観車

 マークⅡは国民車といえるくらい王道を行くコンセプトのクルマでしたが、その兄弟モデルとして一時存在したのがヴェロッサです。

 アルファやランチアを意識した内外装デザインは、当時そこまでやるかという思いで見ていましたが、今となってみると案外個性的で、存在感があるんですよね。

 ウチの近所でも何台か走っているのをよく見かけますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

6/20の傍観車

 6代目マークⅡを見かけました。

 1980年代の終わりから90年代の初めに一世を風靡したクルマです。あれからもう20年になるんですよね・・・・

 いまや国産からは絶滅した4ドアハードトップが、やけに懐かしく感じさせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

6/19の傍観車

 このところの私は、高級車とはすっかり縁の無い生活になってしまいましたが、興味まで失ったわけではありません。

 HV、EVの時代になっても生き残ろうと必死のフェラーリやポルシェ、あらゆる新世代自動車の可能性を模索し、確実に製品化・リリースしていく姿勢を見せるメルセデスなど、プレミアムブランドには見るべきところがたくさんあるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

6/18の傍観車

 高級車販売といえば、私達の世代にはコーンズモーターズが真っ先に思い浮かびます。

 フェラーリ、マセラーティ、ロールスロイス、ベントレーなどなど・・・・子供の頃、まさに憧れの対象であった「夢のクルマ」の数々を扱っていたディーラーです。

 足を踏み込むことさえ儘ならぬような場所で、私が初めてショールームを訪れたのも、数年前、アルファ147の発表会の時ですからね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

6/17の傍観車

 このご時勢で、高級車の数が激減しているとよく聞きますが、何故かウチの周辺では最近よくベントレーを見かけます。

 VW傘下になって以降、スタイリングの面からだけ見れば、とっつきやすくなったかもしれません。でも、相変わらずの高価格と、極端に少ない販売拠点を考えると、どうしてこんなに売れているのか不思議でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

6/16の傍観車

 シトロエンC6を見かけました。

 相変わらずエレガントな佇まいで、私は好きですねぇ(^^♪

 アンチノーズダイブが効いて、お尻を沈み込ませるように停車する独特な姿を見ていると、またシトロエンを所有してみたいという欲求がムクムクと湧き上がってきてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

6/15の傍観車

 ハイブリットのスポーツクーペ、CR-Z・・・・結構、街中で見かけますね。

 MT仕様もあるというところがミソですが、はたして販売比率はどれくらいなんでしょう?今後登場するポルシェやフェラーリ製HVとの比較も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

6/14の傍観車

 EV普及の鍵を握るのが充電設備の設置でしょう。

 神奈川県、中でも横浜市はこれに熱心で、先日、私が良く出掛けるショッピングモールにも無料の充電スタンドが設置されました。まだ、利用しているところを見たことはありませんが、クルマで言えばガソリンがタダみたいなもので、これはユーザーにとってはありがたいですよね。

 今後、「充電スタンドは無料」というスタイルが定着していくのかどうかは大いに疑問ですが、これで普及に拍車が掛かれば行政としてもやった甲斐があるということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

6/13の傍観車

 ポルシェやフェラーリなどのスポーツカーメーカーも、最近は競ってHVやEVの導入を進めているようです。

 彼らが考えるエコカーですから、きっとスポーツマインドを失うことはないでしょう。プリウスなどが進めてきた「日本型エコカー」とはまた違ったタイプの新世代自動車が登場することを願って止みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

6/12の傍観車

 誰が見てもポルシェだと分かるデザインのパナメーラ・・・・

 でも、何となくインパクトに欠けると思うのは私だけでしょうか?

 カイエンが登場した時もそうでした。やはり、ポルシェにはピュアスポーツを求めてしまうのが人情というものですからねぇ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

6/11の傍観車

 ポルシェパナメーラを見かけました。

 テレビや雑誌などの印象より実物はスマートな感じで、横からだとジャガーかアウディのようにも見えます。

 でも、フロントやリア、全体の雰囲気は、誰が見てもポルシェ以外の何物でもないというのはさすがですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

6/10の傍観車

 全高を抑えた軽自動車にも人気が集まり始めていると昨日書きました。

 でも、その一方で、私が大好きだったダイハツのソニカは廃番・・・・残念な限りです。

 やはり、背は低くても車型はミニバンでないと売れないということなんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

6/9の傍観車

 タントやワゴンRなどの軽ミニバン・・・・

 充分なスペースと動力性能で人気となっていますが、その一方で全高を1550mm以下に抑えたラパンやミラココアなども支持を得始めているようです。

 やはり日本では、タワーパーキングなどの立体駐車場に入れられると便利ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

6/8の傍観車

 先代カングーみたいに「大きく使える小さなクルマ」の日本代表といえば、ダイハツのタントシリーズじゃないでしょうか。

 実際乗ってみると、運転席はバス並み、後席は単に足が組めるというようなレベルではなく、ヘタなリムジンより広いほどですからね。

 これが日本独特の軽自動車規格で成立していることに意味があるのは自明の理でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

6/7の傍観車

 買い物先の駐車場で先代ルノー・カングーと隣り合わせました。

 現行は、往年のフランス車を彷彿させる豊かな乗り味で、玄人筋から絶大なる人気を得ていますが、サイズがふたまわり程も大きくなってしまったのが日本のインフラでは辛いところでしょう。

 やはり、「The 実用車」であるカングーには先代のこの小振りな小型車枠サイズがピッタリだと私は思うんですが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

6/6の傍観車

 ベントレーアルナージを見かけました。

 コンチネンタルGTやフライングスパーよりだいぶコンサバなスタイリングで、私はこちらの方がより「英国車」らしいクルマだと思うのですがどうでしょう。

 でも、見方を変えると特徴に欠けるというか、昔のメルセデスっぽいような気もしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

6/5の傍観車

 梅雨の時期に活躍するのがワイパーです。

 製品の説明書などを見ると、一年に一回の交換を推奨していますが、ブレード代だけでも馬鹿にならない値段なので、私はついついゴムがちぎれるまで使い切ってしまいます。

 思えばこのワイパーブレードという部品・・・・タイヤとともにクルマの歴史の中で変わらないものの一つですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

6/4の傍観車

 耐久性にも優れた軽自動車ですが、その動力性能も、550cc時代のモデルでは侮れないものがありますね。

 何しろ、エアバッグやABS等の安全装備が付いていない分、軽いですから・・・・

 初代アルトワークスやミラターボTR-XXのことは何度もこの傍観車で書きましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

6/3の傍観車

 3代目スズキセルボを見かけました。

 このクルマももう20年選手ですね。弓なりのルーフと、ボディーと一体化したテールウイング風リアスポイラーが懐かしい意匠です。

 それにしても、軽自動車の耐久性はたいしたものだと思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

6/2の傍観車

 目が吊り上った怖い顔つきのクルマが多い昨今、ホッとさせてくれるのが、チンクエチェントやミニなど丸目ライトのクルマ達です。

 皆リバイバルカーというのが面白いところですが、これがホントのクルマの姿だよと言わんばかりに存在感をアピールしています。

 ちなみに我が愛車マーチもその一翼を担っているんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

6/1の傍観車

 マークXといえば、現行のリアコンビネーションランプのカタチ・・・・何だかサングラスをかけて凄んでいる怖いお兄さんみたいだと思いませんか?

 世相を反映してなのか、どうも最近のクルマは顔つきの怖いものが多くて、私は憂慮しているんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »