« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

9/30の傍観車

 消えていったクルマ達・・・・惜しいものも多いですよね。

 先日から採り上げているソニカやシティ(初代)以外にも、個人的には日産のラシーンなんかも今復活したら良いのにと思うクルマです。

 あとホンダのHR-V・・・・あれってクロスオーバーの走りだったんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

9/29の傍観車

 ホンダ・シティTURBO1を見かけました。

 さすがに28年も前のクルマですから、最近はめっきり数が減りましたが、やっぱりいいですよねぇ、実車は。

 それにしても、佇まいのシンプルさ、潔さはVWゴルフに匹敵するんじゃないでしょうか。全長僅か3380mm、車重700kg前後というのも、今の目で見るとエコカーの部類ですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

9/28の傍観車

 ダイハツ・ソニカを見かけました。

 このクルマ、ホントに廃番になったのが惜しまれます。車高を抑えたおかげで、軽自動車でありながらプロポーションのバランスが取れていますし、スタイリングもなかなかのセンスです。(若干、アルファとフィアットの影がチラつきますが・・・・)

 個人的にも、タイミングが合えば是非購入したいと思っていたんですがねぇ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

9/27の傍観車

 マーチといえばモデルチェンジサイクルの長さが特徴で、初代と2代目は10年でした。

 でも、我が愛車でもある3代目は8年で現行4代目へとバトンタッチしてしまったんですよね。

 先日も書いたように、新しいというわりに代わり映えのしないプラットフォームのおかげで、なんとなく3.5代目といった感じがするのは私だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

9/26の傍観車

 新しい4代目マーチ・・・・3代目オーナーの判官贔屓と捉えられても構いませんが、どうもパッとしませんよね。

 まず、何と言っても、デザインにキレがありません。面とラインにメリハリと明快さがなく、印象薄く感じてしまいます。リアまわりなどは寝ぼけているとヴィッツと間違えてしまいそうで・・・・

 シンプルで明快、オリジナリティーも強かった3代目はやはり名車でしょう(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

9/25の傍観車

 シトロエン・プルリエルを見かけました。

 新しいC3、DS3と、「なかなか」なクルマをリリースし続ける最近のシトロエンですが、その源流がこのクルマかもしれません。

 脱着式ルーフを持ったピラーレスハードトップのボディー、ピックアップにも変化可能なモジュール構造・・・・今でもその独自性は輝きを失っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

9/24の傍観車

 最近は日本車もフルモデルチェンジの期間が延びて、6年から8年くらいになりましたが、プラットフォームまでオールニューにすることは少ないようです。

 でも、マーチは例外で、毎回フルモデルチェンジごとに新しいプラットフォームを登場させるという欧州車並みのことをやってのけます。今回もルノーとのコラボ第二弾、Vプラットフォームを新たに採用しました。

 ただ、サイズなど大まかな骨組みはBプラットフォームから踏襲、部品点数削減によるコストダウンを主眼に置いたようで、室内空間を極端に改善することなどは出来なかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

9/23の傍観車

 昨日のジュークも採用する日産のBプラットフォーム。

 最初に登場したのが我が愛車3代目マーチ(K12)です。

 その後、キューブ、ノート、ティーダからブルーバードシルフィまで、ミニバンを除く国内向け5ナンバー車のすべてをカバーする汎用性の高いプラットフォームに成長しました。

 それにしても、車種ごとに違う特性に合わせてフレキシブルに変化させる技術は、たいしたもんだと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

9/22の傍観車

 日産ジュークを見かけました。

 久々に思い切ったデザインを採用し、そういう意味では「ゴーン以降の日産」らしいクルマなんですが、如何せんコンセプトが古いですよね。コンパクトなクロスオーバーなら5年位前には登場していないと・・・・

 もし、これがEVだったら評価も変わるんですけれど、残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

9/21の傍観車

 忘れていましたが、今一番旬のスポーツカーがホンダにありましたね。

 これは、いうまでもなくCR-Zですが、私の見かける個体はどういうわけか奥様ドライバーがステアリングを握っている例が多いんですよ。

 子供が居ないか小さいという若夫婦が「一家に一台」のファミリーカーとして購入しているのかもしれませんね。いかにも、エコ時代の今を反映している話だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

9/20の傍観車

 スポーツカーで健闘しているのがフェアレディーZとスカイライン、GT-Rを擁する日産でしょう。マツダはRX-7、RX-8の生産をやめたことで、ロードスターだけになってしまいましたし・・・・

 そういえば、レクサスLFAというのもありましたね。ただ、これは3750万円もするスーパーカーの範疇に入るクルマで、身近な存在とは言い難いですが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

9/19の傍観車

 スポーツカー(スポーティーカー)・・・・国産ではほとんど絶滅状態ですね。

 スープラやソアラ、シルビア、NSX、S2000、RX-7、RX-8、アルシオーネ、ピアッツァ等々、バブル期からつい最近まで人気だったこれらのモデル、すぺて廃番ですよ。

 若者が主な購買層だったため、このご時勢の影響をモロに受けてしまいました。

 何とも悲しい現実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

9/18の傍観車

 アウディR8を見ました。

 これは、ある意味、2CVの対極にあるといえるクルマですよね。

 フロントマスクは、TTクーペにも似た比較的おとなしいアウディ共通のものですが、リアのグラスハッチから覗く弩迫力の5.2リッターV10エンジンは、このクルマがタダモノではないことを雄弁に物語っています。

 ちなみに、ミッドシップレイアウト、直噴ガソリンエンジン、クワトロシステム、アルミスペースフレームと、このメーカーが持てる技術をすべて盛り込んだようなR8のお値段は約2000万円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

9/17の傍観車

 シトロエン2CVを見かけました。

 これも、VWビートルとならび、歴史に残る国民車といえるでしょう。フランスの戦後復興を支えた存在としても知られています。

 でも、何より、簡素を極めた設計であるにもかかわらず、ゆったりとした乗り心地と、ウィットに富んだデザインセンスが光ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

9/16の傍観車

 立て続けに初代プリウスを見かけました。

 どれも程度が良く、スタイリングは古いのに、まるで新車みたいだったのが不思議でしたね。

 今や新車販売台数No.1の銘柄となった現行3代目プリウス・・・・国民車といってもいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

9/15の傍観車

 パッソの新型をだいぶ見かけるようになってきました。

 先代は、シンプルでスマートな直線基調のスタイリングが、いかにもダイハツが開発したクルマらしくて、私は好きだったんですが、現行はずいぶん丸っこくなり、どことなくマーチの影響も垣間見られますよね。

 何度か書いていますが、このパッソ&ブーンとアルトが走っていると、見分けが付き難いという現実があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

9/14の傍観車

 ミラTR-XXやアルトワークスなどの「ハイパフォーマンス軽」・・・・今の完成された軽自動車から見ると、まるでオモチャみたいですね。

 でも、中国やインドなど、「これからの国々」では同じようなコンセプトのクルマ達がたくさん生まれてきているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

9/13の傍観車

 4代目ミラ・TR-XXアヴァンツァートを見かけました。

 2代目から続いたTR-XXシリーズの最後となったこのモデル・・・・いやぁ、時代を感じさせますよねぇ。満艦飾とは、まさにこのクルマのためにあるのでは?と思うほどです。

 でも、軽自動車に詰め込める限りの技術を詰め込み、カスタマイズの限りを尽くしたこの種のモデルが、私を含む当時の若者達に与えた「幸せ」は確かに大きかったんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

9/12の傍観車

 大きなクルマの話が続きましたが、日本でもミニバンはすっかり定着しましたよね。

 今や、ファミリー層にとっては必需品とさえいえる存在ですから、メーカーも新車開発には力を入れています。

 より低燃費で環境にやさしい新モデルを投入、セダンから始まったHVやEVも、今後はこちらを主力に展開させていくのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

9/11の傍観車

 昨日に続き、今日もダッヂ・ラムバンを見かけました。

 今度は1970年代前半のモデルで、オールディーズの雰囲気ムンムンでしたね。

 しばし、豊かだったアメリカの黄金期に想いを馳せながら、そのクルマを見送りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

9/10の傍観車

 ダッヂ・ラムバンを見かけました。

 これぞアメリカンといわんばかりの大型ボディーは迫力満点ですね。お決まりの十字型グリルもハマっています。

 それにしても、このエコ時代に全く逆行するコンセプト・・・・乗るにはチョッと勇気が要りそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

9/9の傍観車

 bBといえば、トヨタ傘下メーカーへの重要なOEMアイテムですよね。

 共同開発し、生産もするダイハツでは「クー」、スバルでは「デックス」の名で売られます。

 でも、若者狙いが顕著な現行デザインは、なかなか万人に受け入れられにくく、大ヒットとはいかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

9/8の傍観車

 初代トヨタbBを見かけました。

 ストリート系のヤンチャな2代目とは違い、コンサバでボクシーなスタイリングは中高年ドライバーにもウケが良かったようですね。

 私が見た個体もステアリングを握っていたのは女性シニアドライバーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

9/7の傍観車

 私が2003年にマーチを購入したとき、「次のフルモデルチェンジではきっとEVになるだろう」と予想していましたが、当てが外れてしまいましたね。

 そもそも、初代、2代目がFMCまで10年生産されたことから、4代目の登場は2012年だろうと勝手に思い込んでいましたし・・・・

 でも、リーフの販売状況次第で、日産は一気にEV化を推進することになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

9/6の傍観車

 10年を待つことなく4代目へとフルモデルチェンジした我が愛車マーチ。

 今度の「エコマーチ」も、デザインのテイストは、2代目から続く丸っこいラインを踏襲しています。

 でも、どことなく、グランデプントの影響が見え隠れするのはご愛嬌でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

9/5の傍観車

 ビートルもゴルフも、初代の印象が決定的だった良い例でしょう。

 でも、考えてみれば、どのメーカーのモデルも同じようなところがあるような気がします。初代が好評だったモデルは2代目以降、その影を引きずって呪縛に苦しむことになるし、売れなかったモデルは、その後、まったく脈絡のない新しいデザインをまとってモデルチェンジを繰り返すことになるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

9/4の傍観車

 初代つながりで、今度はVWゴルフのファーストモデルを見かけました。

 このクルマも完全に時代を超越したアイデンティティを獲得したといっても良いでしょう。3代目以降は流行も取り入れ、より「普通っぽい」スタイリングへと変貌していきましたが、やはり初代は、志の高さがそのまま形に表れたような孤高のデザインだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

9/3の傍観車

 オリジナルVWビートルを見かけました。

 気が付けば、世の中すっかりニュービートルばかりという状況になっていますが、あらためてこの「初代」を見ていると偉大さを痛感しますね。

 60年を経てもなお、堅牢さを誇示し続けるボディー・・・・驚き以外の何物でもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

9/2の傍観車

 このご時勢で、昨日採り上げたダッヂなどの大きなクルマは、さぞや売れ行きが落ちているだろうと思いきや、一部の富裕層を中心に再び人気となり始めているらしいですね。

 もちろん、メルセデスやBMW、ジャガーなどのプレミアムメーカーも、この流れに乗って上級大型車種に再び力を入れているというから、懲りないというか何と言うか・・・・

 資本主義社会の魔力を感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

9/1の傍観車

 ダッヂ・アベンジャーを見かけました。

 アメリカンマッチョのイメージが強いダッヂですが、このクルマに限って、実車は意外と洗練された印象でしたね。

 おそらく、ブランドの特徴である十字型グリルとコンビネーションヘッドランプがスムーズにつながってデザインされているおかげでしょう。

 心なしか、キックアップしたリアフェンダー周りの意匠もスマートに見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »