« 10/13の傍観車 | トップページ | 10/15の傍観車 »

2010年10月14日 (木)

10/14の傍観車

 バブル期にはマツダも輸入販売していたランチア。

 大衆車のフィアット、スポーティーなアルファに対して、こちらは、貴族などが乗る高級車というイメージが強いメーカーです。

 コンパクトカーのイプシロンでさえ、内外装には「プレミアム」な雰囲気が漂います。

 でも、なんといっても、私が忘れられないのは、そのバブル期に輸入されていたテーマ8.32ですね。何の変哲もないミドルクラスのセダンに、フェラーリ製V8エンジンを積むというコンセプトが、まさに「ランチア」と思わせたものです。

|

« 10/13の傍観車 | トップページ | 10/15の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/49035395

この記事へのトラックバック一覧です: 10/14の傍観車:

« 10/13の傍観車 | トップページ | 10/15の傍観車 »