« 10/11の傍観車 | トップページ | 10/13の傍観車 »

2011年10月12日 (水)

10/12の傍観車

 初代トヨタエスティマを見かけました。

 まだまだ、街中では走っているところを見かけますが、もう20年選手なんですよね。

 エンジンのフロアミッドシップ構造は日本独特のキャブオーバー型商用バンから発展した構造ですが、重量バランスや走行安定性においてスポーツカーにも匹敵する理想形と言われ、その後の発展が期待されたものです。

 ただ、エンジンを床下に納める構造上、パワーアップのために多気筒にしたり、補器類を付加するには不都合ということで、やむを得ず?2代目からは普通のFF型ミニバンになってしまいました。

 今なら、HVやEVなど、コンパクトでも大パワーを得られるユニットが登場しつつあるので、是非復活してほしいシステムなんですがねぇ・・・・

|

« 10/11の傍観車 | トップページ | 10/13の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/52394724

この記事へのトラックバック一覧です: 10/12の傍観車:

« 10/11の傍観車 | トップページ | 10/13の傍観車 »