« 11/18の傍観車 | トップページ | 11/20の傍観車 »

2011年11月19日 (土)

11/19の傍観車

 リーフスプリング(板バネ)は、その名の通り、鉄の板を左右各一組ずつ渡して車軸を支え、サスペンションとする構造のことです。

 トラックなどで主に使われ、昨日採り上げた初代ブルーバードなど初期の国産乗用車でも多用されていました。

 これは構造が簡便で耐久性に優れるためで、まだ乗用車のプラットフォームが確立していなかった当時、そのベースとなったのがトラックだったためともいえます。

 今では複雑なマルチリンクサスペンションも普及していますが、素人でも修理出来てしまいそうなあのリーフサスにもまだ可能性があるような気がしますね。

|

« 11/18の傍観車 | トップページ | 11/20の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/52675290

この記事へのトラックバック一覧です: 11/19の傍観車:

« 11/18の傍観車 | トップページ | 11/20の傍観車 »