« 1/18の傍観車 | トップページ | 1/20の傍観車 »

2012年1月19日 (木)

1/19の傍観車

 現行タウンエースは、セミキャブオーバー型に先祖帰りしましたね。

 先代は、エンジンを前に縦置きし後輪を駆動するというバンとしては異例なFRでしたが、結構操縦安定性に優れるとかで評価が高かったと聞きます。ただ、インドネシアで安定して生産するには不向きだったようで、現行は結局この形に落ち着いたというわけです。

 思えば初代エスティマは、このレイアウトをベースにフロアミッドシップ構造を構築したわけで、設計次第では、かなり理想的な重量バランスを実現できる車型であるともいえますよね。

|

« 1/18の傍観車 | トップページ | 1/20の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/53142349

この記事へのトラックバック一覧です: 1/19の傍観車:

« 1/18の傍観車 | トップページ | 1/20の傍観車 »