« 1/28の傍観車 | トップページ | 1/30の傍観車 »

2012年1月29日 (日)

1/29の傍観車

 国産のステーションワゴンが売れなくなった理由・・・・

 一つはミニバンの台頭が挙げられます。どうせ人と荷物を積むなら、目一杯積んでやろうということでしょうか。従来のバン派生のワンボックスには拒絶反応を示していたファミリーユーザーや個人ユーザーも、ミニバンならオシャレでOKということになったようです。

 そして、もう一つがコンパクトカーの台頭ということができるでしょう。これは、いうまでもなく、エコの流れの中で必然的に浮かび上がってきたもので、そのほとんどが5ドアハッチバックと呼ばれる車型です。そんな中で、国産ステーションワゴンオーナーの多くが、この車型でも用途を充分満たせるということに気付いたのかもしれません。

 かくして、国産車のラインナップから、次々とステーションワゴンが消えていくことになったんだと思います。

|

« 1/28の傍観車 | トップページ | 1/30の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/53215637

この記事へのトラックバック一覧です: 1/29の傍観車:

« 1/28の傍観車 | トップページ | 1/30の傍観車 »