« 3/3の傍観車 | トップページ | 3/5の傍観車 »

2012年3月 4日 (日)

3/4の傍観車

 プリウスで幕を開けたハイブリット車・・・・でも、正直ここまでポピュラーになるとは思いませんでしたね。

 初代モデルの登場した1997年には、メルセデスがAクラスのプロトタイプとなるヴィジョンAを既に発表していました。これは水素を入れて動く燃料電池車で、市販化されるものもこのシステムになるとアナウンスされていましたから、私も、将来の自動車の本命はこちらになると信じて疑わなかったものです。

 ところが、燃料電池車の開発は遅れ(というより頓挫したと言ったほうが正しいかも)、翌年にデビューした市販型Aクラスは、ごく普通のレシプロエンジンを積むFF車だったのです。

 それ以来、現在に至るまで燃料電池車は、普及はおろか一般市販化すらされておらず、EVに先を越されてしまったというわけです。

 そんな状況ですから、現状のインフラで使えるハイブリット車がこれだけ普及したんでしょうね。

|

« 3/3の傍観車 | トップページ | 3/5の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/53537686

この記事へのトラックバック一覧です: 3/4の傍観車:

« 3/3の傍観車 | トップページ | 3/5の傍観車 »