« 1/10の傍観車 | トップページ | 1/12の傍観車 »

2013年1月11日 (金)

1/11の傍観車

2気筒エンジンのクルマは、フィアット500ツインエア以外に増える兆しがありませんが、気が付いたらコンパクトカーは3気筒エンジン全盛といった感じになっていますよね。

 ダイハツがシャレード以来築いてきたそれが、その後継車といえるパッソ・ブーンに搭載されたのを皮切りに、ヴィッツへも移植されたのは2005年。その後しばらく間が空いて、2010年に4代目マーチ、去年はノート、ミラージュにも搭載され、いよいよ出揃ってきた感があります。

 海外に目を移しても、プジョー208などに採用されたりと、世界的な広がりが予感され、今後の動向には要注目といったところでしょう。

|

« 1/10の傍観車 | トップページ | 1/12の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/56090209

この記事へのトラックバック一覧です: 1/11の傍観車:

« 1/10の傍観車 | トップページ | 1/12の傍観車 »