« 6/15の傍観車 | トップページ | 6/17の傍観車 »

2013年6月16日 (日)

6/16の傍観車

 昨日ちょっと触れたフォルクスワーゲンUP!…日本での車両本体価格が149万円から183万円と、輸入車としては破格の安さですが、その造りの良さは、往年のゲルマン車を彷彿させるもので、まるで重厚な金庫のようです。

 また、直線基調のスタイリングで、下手をすると薄っぺらく感じさせかねないのですが、エッジ部分に適度な丸みを持たせたり、面を上手く切り返すなど、単一平面を大きくさせないといった工夫が見られるんですよね。

 このように、品質を高く見せる努力・執念のようなものが、最近の日本車、とくにエコカーと呼ばれるジャンルのクルマには必要なんじゃないでしょうか。

|

« 6/15の傍観車 | トップページ | 6/17の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/57091907

この記事へのトラックバック一覧です: 6/16の傍観車:

« 6/15の傍観車 | トップページ | 6/17の傍観車 »