« 6/29の傍観車 | トップページ | 7/1の傍観車 »

2013年6月30日 (日)

6/30の傍観車

 クルマの押し出しの強さを左右する一つが、エンブレムの大きさでしょう。

 昨日書いたメルセデスやフォルクスワーゲンなどは、ここ数年で随分大きなエンブレムを付けるようになりましたよね。ラジエーターグリルの上下いっぱいに鎮座するそれは、見方によっては、えげつないと言えなくもないのですが、ブランド信仰の強いユーザーにとって、大きな魅力となっていることは間違いありません。

 国産メーカーでも、日産などは、「ルネッサンス」を掲げた2000年前後から、大きなエンブレムを積極的にフロントとリアに配置するようにしました。そのおかげか、売れ行きは劇的に伸び、「V字回復」という流行語まで生んだのは記憶に新しいところですよね。

|

« 6/29の傍観車 | トップページ | 7/1の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/57186271

この記事へのトラックバック一覧です: 6/30の傍観車:

« 6/29の傍観車 | トップページ | 7/1の傍観車 »