« 1/18の傍観車 | トップページ | 1/20の傍観車 »

2014年1月19日 (日)

1/19の傍観車

 昨日のBMWもそうですが、やっと日本でもディーゼル乗用車が受け入れられ始めたようです。

 かつて、石油ショックの後、ゴルフディーゼルをはじめ、国産のいすゞなども小型乗用ディーゼルを販売し、結構な人気になっていたと思います。その後、ガソリン価格の安定と共に、その数は減っていきましたが、私も覚えている1983年には、1000ccのディーゼル、ダイハツシャレードも登場しましたね。

 ただ、小型になればなるほど、激しい振動と、「カリカリ」音は避けられず、このクルマも例外ではありませんでした。

 そういえば、昨日のBMW320dの排気量は2リッター…、メルセデスは3リッターですから、その差も考慮しなくてはならないのかもしれませんね。

|

« 1/18の傍観車 | トップページ | 1/20の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/58529443

この記事へのトラックバック一覧です: 1/19の傍観車:

« 1/18の傍観車 | トップページ | 1/20の傍観車 »