« 2/10の傍観車 | トップページ | 2/12の傍観車 »

2014年2月11日 (火)

2/11の傍観車

 燃費競争が白熱するあまり、クルマとしてのクオリティーがおざなりになりがちな最近の軽自動車…

 そんな中で、昨日も書いたワゴンRとムーブは、メーカーの良心を感じさせるモデルになっていますね。サスペンションの造りや乗り味、ハンドリング、エンジンのトルクの出方、インテリアの質感など、カタログ数値には表れない言わば「クルマの本質」を追求する姿勢が見られるのです。

 これは、メーカーの良心と共に、エンジニア・製品開発者の良心であるともいえ、尊敬に値するものだと思います。

|

« 2/10の傍観車 | トップページ | 2/12の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/58657172

この記事へのトラックバック一覧です: 2/11の傍観車:

« 2/10の傍観車 | トップページ | 2/12の傍観車 »