« 4/29の傍観車 | トップページ | 5/1の傍観車 »

2014年4月30日 (水)

4/30の傍観車

 ステーションワゴンやハッチバックといったリアにハッチのある車型…長らく日本では不人気でしたが、そこに風穴を開けたのがレガシーツーリングワゴンでした。

 前作、レオーネの頃からその兆候はありました。新し物好きな都会のユーザーが、街中で二段ルーフのレオーネツーリングワゴン4WDをレジャー用に使い始めていたのを私は覚えています。その直線基調のモダンなフォルムは、大いに魅力的でしたが、レガシーのブラックアウトしたピラーによる連続したグラスエリアは更に新鮮でカッコ良かったですね。

 これは、セダン、ワゴン共に瞬く間にヒットとなり、スバルの名を広く世間に認知させることになるのです。

|

« 4/29の傍観車 | トップページ | 5/1の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/59127969

この記事へのトラックバック一覧です: 4/30の傍観車:

« 4/29の傍観車 | トップページ | 5/1の傍観車 »