« 4/6の傍観車 | トップページ | 4/8の傍観車 »

2014年4月 7日 (月)

4/7の傍観車

 昨日の約束通り、新しく履いたタイヤ、ミシュランエナジーセイバープラスの印象を書くことにしましょう。

 まず、前モデルでも定評のあったドライ&ウェットでのグリップ力の高さは健在です。また、同サイズ他社モデルよりタイヤそのものが軽量なことによる走り出しの軽快感はより磨きがかかったという印象で、これなら本来のうたい文句でもあるエコタイヤとしての性能も期待が持てそうです。

 今のところ良いことづくめで欠点は見当たりませんが、前回履いていた同銘柄タイヤが、トレッド溝を大幅に残したまま経年変化のひび割れで交換せざるを得なかったので、そのことだけが気掛かりですね。

|

« 4/6の傍観車 | トップページ | 4/8の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/59023719

この記事へのトラックバック一覧です: 4/7の傍観車:

« 4/6の傍観車 | トップページ | 4/8の傍観車 »