« 6/12の傍観車 | トップページ | 6/14の傍観車 »

2014年6月13日 (金)

6/13の傍観車

 ドアの開き方で、もう一つ特徴的なのがいわゆる「観音開き」と呼ばれるタイプでしょう。

 古くは初代クラウンのものが有名ですが、その後ずっと絶滅に近い状況だったと思います。それが突然、日本でリバイバルし、トヨタ・オリジン、ホンダ・エレメントやマツダRX-8などといったクルマが登場し、トヨタFJクルーザーは今でも生産が続いています。

 ただ、それが引き金となって定番化するということもなく、再び「休眠」状態に入っているということは、どう考えればよいのでしょうかねぇ…

|

« 6/12の傍観車 | トップページ | 6/14の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/59390684

この記事へのトラックバック一覧です: 6/13の傍観車:

« 6/12の傍観車 | トップページ | 6/14の傍観車 »