« 8/22の傍観車 | トップページ | 8/24の傍観車 »

2014年8月23日 (土)

8/23の傍観車

 今、エコカーで主流の技術となっているのがアイドリングストップとバッテリーの充電制御でしょう。

 どちらも、ガソリン消費を抑える目的で導入されているんですが、バッテリーへの負担は増えるばかりです。ちなみに、これらのシステムを搭載するクルマに積まれるバッテリーは容量の大きい特殊なもので、なかなか安売りをしていません。

 バッテリーの交換は、クルマの使用頻度による差が大きいんですが、大体3年毎くらいでしょう。その度に高いバッテリーを交換するということになると、年間走行距離が少ないサンデードライバーなんかだと、せっかく燃費が良くなり節約したガソリン代がすっ飛んでしまうことになり、ちっともエコじゃなくなってしまうんですよね。また、同じようなことが他の付加装置についても言え、不安になります。

 そこら辺のことを、メーカーはしっかりユーザーに説明する義務があると思います。

|

« 8/22の傍観車 | トップページ | 8/24の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/59790533

この記事へのトラックバック一覧です: 8/23の傍観車:

« 8/22の傍観車 | トップページ | 8/24の傍観車 »