« 9/17の傍観車 | トップページ | 9/19の傍観車 »

2014年9月18日 (木)

9/18の傍観車

 トヨタの代表的クロスオーバーと言ったらハリアーでしょう。

 初代の登場が1997年ということですから、まさにクロスオーバーの走りということになります。見て呉れはSUVでも、カムリがペースなので、あくまでも上品な乗用車的雰囲気を持つということで世界的大ヒットとなりましたよね。

 その後、キープコンセプトの2代目にモデルチェンジし、一時、姉妹車のレクサスRXの方に注目が集まるなど、衰退の気配も漂い始めましたが、去年、国内専用車種の3代目として仕切り直しをしたわけです。

 サイドビューは「伝統のライン」を強く感じさせるものの、フロントとリアに関しては水平基調の大胆なデザインに変更され、全体の雰囲気としては、かなりアグレッシブなものになりました。

 個人的にはこの手のデザインにしては好印象で、結構好きなクルマかもしれません。

|

« 9/17の傍観車 | トップページ | 9/19の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/59941285

この記事へのトラックバック一覧です: 9/18の傍観車:

« 9/17の傍観車 | トップページ | 9/19の傍観車 »