« 1/28の傍観車 | トップページ | 1/30の傍観車 »

2015年1月29日 (木)

1/29の傍観車

 超希薄燃焼と直噴との組み合わせはNOxを多く排出するということで、日本では下火になってしまいましたが、メルセデスでは、Eクラスなどに搭載される2リッターエンジンでターボと組み合わせてこの問題を解決していますね。

 これは、以前よりコンピューターによるきめ細かい燃料噴射のコントロールが可能になったことに由来していると思われますが、それなら日本車でも出来ないことは無いと思います。

 ちなみに、このメルセデス製エンジンを搭載する日産スカイラインは、わざわざストイキ燃焼に変更しているようですが何故ですかね?

|

« 1/28の傍観車 | トップページ | 1/30の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/60610717

この記事へのトラックバック一覧です: 1/29の傍観車:

« 1/28の傍観車 | トップページ | 1/30の傍観車 »