« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

2/28の傍観車

 黄色と黒のツートーンのスズキ・スイフトを見かけました。

 ハスラーのヒットに気を良くしたスズキが新しく加えたバリエーションですが、これもなかなかカッコいいですね。

 もともと国際的なスタイリングでしたが、ツートーンになると、このクルマがミニやシトロエンDSなどと並ぶクルマであることを再認識させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

2/27の傍観車

 ダイハツ・ウェイクを見かけました。

 さすがに背の高さからくるスタイリングの不安定さは隠せず、前後から見るととんでもなく細長い形ですよね。

 ただ、メーカーでは上部に軽い素材を使い、サスペンションにスタビライザーを入れるなどの工夫で、重心高はタントよりむしろ低いといいますからたいしたものです。

 でも、見た目の安心感は大切です。どのメーカーの軽も実現できていませんが、デザインの力でこの背高軽自動車の不安定感を払拭することはできないものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

2/26の傍観車

 シャンパンゴールドの5代目トヨタ・ビスタ(セダン)を見かけました。

 ビスタとしてラストモデルとなったこのクルマですが、そのフォルムは今見ても全然古びておらず、どこかプジョー405を彷彿させるエレガントさも備えていましたね。

 しかし、このクルマの特徴は何と言ってもインテリアにあり、液晶ディスプレイを奢ったセンターメーターにコラムシフト、イタリアンモダンなテイストのインパネとシート廻りは未来的ですらありました。

 また、それが硬派でSFチックなものではなく、あくまでもエレガントでラグジュアリーな雰囲気を保ったまま実現されていたのは今更ながら見事です。

 こんなクルマが今出てきてくれないかなぁと、ふと思いましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

2/25の傍観車

 黄色いホンダN-ONEを見かけました。

 プレミアムでないスタンダードグレードの個体でしたが、かえってポップさが感じられ好印象を持ちましたね。

 フォルムに詰めの甘さがあると何度も指摘してきたこのクルマですが、派手な黄色がそのあらを隠す形になったのが原因かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

2/24の傍観車

 グレーメタリックの現行フォルクスワーゲン・ポロを見かけました。

 これぞまさにコンサバといえるスタイリングは、街中でパッと映えるというようなことはありませんが、よく見れば造りの良さが滲み出てきます。

 日本の5ナンバー枠に収まるコンパクトなサイズながら価格は200万円超と、国産車に比べれば高いですが、それに見合う性能と品質を備えていると思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

2/23の傍観車

 シトロエンと切っても切れない存在がハイドロニューマチック(ハイドラクティブ)サスペンションでした。

 「でした」と書いたのは、現行モデルでこれを採用するのがC5一車種になってしまったからです。DS5が発売されると聞いた時に、その搭載を期待したものの、実際はC4ベースだったため金属バネを採用しており、ガッカリした記憶があります。

 シトロエンのエンジニアは、今の技術であればハイドロを使わなくても同等かそれ以上の乗り味を実現できると豪語しているそうですが、あの生物の血管を連想させるような有機的なシステム構成には、捨てがたい価値があると思います。

 なんとか途絶えることだけは避けて欲しいと願いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

2/22の傍観車

 赤い現行シトロエンC4ピカソを見かけました。

 久々にシトロエンのアヴァンギャルドが帰ってきたという感じのデザインですね。特にフロントの切れ長のポジションランプが泣かせます。

 インテリアも3面ディスプレイをセンターに配した斬新なもので、ここのところ保守的なデザインが続いていたインパネとは一線を画します。

 ただ、シンプルさという意味では疑問符が付きますね。かつてのDSなどには、簡素で洗練されたモダンデザインを感じたものです。こうした要素が加われば言うこと無しなんですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

2/21の傍観車

 BMWのディーゼル攻勢、グループのミニにもラインナップが広がっていますね。

 この2リッターエンジンはアイドリング時の「カラカラ音」が気になるものの、高速時の性能などではさすがに欧州製といわせるだけの実力を持つといわれ、最近めきめきと力をつけつつある日本製のクリーンディーゼルの手ごわいライバルであることは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

2/20の傍観車

 白いBMW320dツーリングを見かけました。

 気が付けばBMWのディーゼル、確実に増えていますね。

 エンジンに定評のあるメーカーがつくるディーゼルなので、悪いはずがないというユーザーの判断がそこにはあるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

2/19の傍観車

 シルバーの3代目日産プリメーラを見かけました。

 プリメーラとしては最後のモデルとなったこのクルマですが、モダンで端正なフォルムは今見ても新鮮です。特にボディーを構成するシンプルなアーチ状の曲線と直線のバランスが最高だと思います。

 個人的には、この頃が日産デザインのピークだったような気がしてなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

2/18の傍観車

 赤い現行日産エクストレイルを見かけました。

 初代のボクシーなスタイルからは想像がつかないほどマッシブフォルムのうねったデザインになりましたよね。

 また、オフロードでの使用比率が高かった初代に比べ、現行はまさにクロスオーバー、オンロード重視の開発が行われたことが見て取れます。

 そうなると、初代の素っ気ないデザインと気軽に使えるヘビーデューティーな造りを懐かしむ人も多いんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

2/17の傍観車

 赤い初代BMW・Z4を見かけました。

 スタイリングは、現行よりむしろ前衛的で、私はこちらの方が好みです。

 でも、サイズが大きいのに2人乗りというロードスターやクーペは、今や贅沢な趣味で乗る需要しかなく、街中で走っている数もずいぶん少なくなりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

2/16の傍観車

 韓国で生産されるSUVでルノーから販売されるのがコレオスです。

 昨日のキャプティバ同様、どうにも無個性なスタイリングですが、フロントフェイスをルノー風にアレンジすることで、かろうじてルノーのクルマであることは分かります。

 このように、メーカーの経済的事情で生産されるモデルが他にもあるようですが、個人的には魅力的と思えるものがあまりありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

2/15の傍観車

 赤いシボレー・キャプティバを見かけました。

 実に特徴のないスタイリングで、十字のエンブレムとリアのネームを見なければ、どこの何というクルマか全くわかりませんでした。

 聞くところによれば韓国GMの作品ということで、差別したくはないのですが、どうもデザイナーの実力不足を感じてしまいましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

2/14の傍観車

 ピンクのダイハツ・ミラココアを見かけました。

 ピンクなのに、見るからに女性仕様という感じではなく、あくまでもオシャレでポップなイメージを保っていたのは好印象ですね。

 また、ちょっとレトロな雰囲気もあるクルマなので、男性が乗るのもアリかなとも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

2/13の傍観車

 シルバーの日産スカイライン・クロスオーバーを見かけました。

 アメリカでインフィニティEX35として売られているものを日本導入したということですが、なかなかカッコいいクルマだというのは以前から書いてきました。

 こうして再び見かけましたが、やはりスタイリングのまとまりは絶妙で、最近の他の日産車に散見される「アクの強さ」が少ないのがいいのかもしれません。

 ただモデル末期ですので、次期モデルのデザインがどうなるのか不安ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

2/12の傍観車

 セルシオのライバルとして記憶にあるのが日産のインフィニティQ45でしょう。

 同時期にアメリカに打って出ましたが、結果は惨敗だったようです。セルシオが徹底してゲルマン高級車を意識したクルマ作りをしたのに対し、インフィニティは「ジャパンオリジナル」を標榜し、味付けも日産お得意の901運動の流れを汲むスポーティーなものだったのが原因かもしれません。

 ただ、専門家の評価は決して低くはなく、いわば玄人好みのクルマであったことは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

2/11の傍観車

 ダークグレーの2代目トヨタ・セルシオを見かけました。

 メルセデスに匹敵する高級セダンを目指して開発され、世界中(特にアメリカ)で大ヒットとなった初代から5年でモデルチェンジされ登場したこのクルマ、外観は完全なキープコンセプトですが、かなりコストダウンしたことでも知られています。

 まあ、初代が初めての高級オーナーズセダンとして世界に打って出るために、多少オーバークオリティーぎみだったので、さしてチープな感じはしなかったのですが、こうして年月が経ってみると、やっぱりヤレ具合は初代より大きいように感じましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

2/10の傍観車

 赤いマツダCX-5を見かけました。

 新開発のクリーンディーゼルを初めて搭載したことでも話題になったモデルですが、気が付けば、その後登場したモデルのほとんどにディーゼルが搭載され、マツダは国内有数のディーゼルエンジン生産メーカーとなっていますよね。

 まもなくデミオにも採用された1.5リッターディーゼルを搭載するCX-3も登場するなど、この流れはますます加速しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

2/9の傍観車

 赤いオリジナル・ミニを見かけました。

 BMWが手掛ける現在のミニも早3代目となり、最近は街中で見かける大半はこちらということになってきましたよね。

 でも、数は少なくなったとはいえ、私が見かけたオリジナル・ミニも根強いファンが支えており、確実に延命中です。

 クラシックカーの領域に入っても、このような古いクルマを楽しむことが出来る環境が続くことを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

2/8の傍観車

 ブルーの2代目ルノーメガーヌ3ドアハッチバックを見かけました。

 久しぶりに見るそれは、今の有機的なフォルムとは正反対の、直線的でアヴァンギャルドな造形で、私の目にはかえって新鮮に映りましたね。

 最近は、クルマの流行といっても、過去のリバイバルが循環しているだけという印象が否めなくもないため、昔のクルマがものすごく古臭く見えてしまうということも少なくなっているような気がしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

2/7の傍観車

 白い現行カローラ・フィールダーを見かけました。

 まさに「中庸」といったデザインで、カローラらしいといえばそれまでなんですが、クルマ好きには正直、物足りないんじゃないかと思いますね。

 また、現行からヴィッツ系のBプラットフォームを採用していますが、違和感は感じられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

2/6の傍観車

 ガンメタリックの現行ポルシェ911カレラSカブリオレを見かけました。

 冬場の寒い時期でもフルオープンで快音を響かせながら走っていましたが、そのドライバーはやはりシニアでしたね。

 本当に最近は若い人がクルマに乗る光景というのが少なくなり、特に高級スポーツカーはシニアドライバーの独擅場といった感じです。

 懐具合の寂しい若者にも手軽に楽しめる安価なスポーツカーというものがあってもいいんじゃないかとあらためて思いましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

2/5の傍観車

 マルーンレッドの現行シトロエンC3を見かけました。

 私も乗っていたBXの時代に比べると、シトロエンも随分高級になりましたよね。親会社のプジョーのクルマも同様で、こうでないと国際的には通用しないのかもしれません。

 ただ、以前の、チープだけれどもオシャレというフランス車独特の美学のようなものまで失われつつあるのは寂しい限りですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

2/4の傍観車

 SUV、しかもオフロード志向のミニバンといったら、去年最大のヒット車種、スズキ・ハスラーを忘れるわけにはいきません。

 でも、かつては三菱もパジェロミニという軽の本格オフローダーをラインナップしていましたよね。ならば、そのノウハウを生かして軽のデリカ(D:1)を企画すればいいんじゃないでしょうか。

 ただ、三菱はスズキともOEM関係があり、ソリオをデリカD:2として販売しているため、D:1はハスラーのOEMとなる可能性もあり、現実的には難しいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

2/3の傍観車

 黒い三菱デリカD:5を見かけました。

 独特なボクシーで直線基調のデザインもさることながら、パジェロ譲りの本格的なオフロード性能も魅力的なクルマですね。

 他メーカーのミニバンがファミリー志向、オンロード志向に集中する中、この存在は貴重でしょう。

 ただ、お世辞にもヒットしているとは言えないのが残念ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

2/2の傍観車

 昔から「幸せを呼ぶ色」などといわれ珍重されてきた黄色いクルマ。

 かつての黄色いビートルなどは、古いクルマファンにはお馴染みでしょう。

 最近では、黄色いアクアが予想に反して好評で、街中でも頻繁に見かけられます。これに気を良くしてか、トヨタはマークXにも黄色を登場させるなど、ちょっとしたブームになっているようです。

 こんなことで人の気持ちが和むなら、どんどん鮮やかな色のクルマが増えていってほしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

2/1の傍観車

 黄色い日産ジュークを見かけました。

 インパクトの強いスタイリングに黄色では強烈すぎるんではないかと思いきや、やや抑えたカナリアイエローのようなパールの塗色が意外なほどシックで似合っていましたね。

 また、今の日産デザインでアヴァンギャルドと呼べるのはこのジュークくらいなものなので、個人的には応援したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »