« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

3/31の傍観車

 オデッセイと逆に、モデルチェンジで車高を下げてきたのが日産エルグランドです。

 まあ、元々1900mm以上もあったので、現行で1805mmといっても、さほど低くは感じませんが、スタイリングには変化がありました。

 ただ、個人的にはあまりカッコいいと思いませんね。無理やりルーフを下げたような寸詰まりで窮屈そうな印象が拭えず、全体のバランスも決して良いとは言えません。実際、売れ行きも、ブームとなった初代に比べるまでもなく低迷しているということです。

 ミニバン激戦区のここ日本、商品開発の難しさを実感させられますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

3/30の傍観車

 黒い現行ホンダ・オデッセイを見かけました。

 3代目4代目と続いたタワーパーキング対応の低全高スタイルを改め、1700mm前後の全高へと拡大し、後席両側スライドドアを備えるなど、一見、通常のミニバンに逆戻りしたように見えますが、超低床設計は以前より進んでいるということなので、室内空間はそれ以上に拡大されているようです。

 また、このクルマに関しては「ホンダデザイン」がピッタリとハマっており、従来のスタイリッシュさが全く崩れていないところが良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

3/29の傍観車

 燃料電池車といえば、トヨタはこれに関する特許を無償公開しましたよね。

 ただ、それでFCVが爆発的に広まるかといえば難しいかもしれません。特に、先行して開発していながら、市販化の段階でとん挫してしまったメルセデスなどは、意地でも独自技術で切り抜けようと躍起になっていると聞きます。

 一方、国内メーカーにとっては朗報のはずで、ホンダ、日産などはこれを歓迎し称賛しているようですね。

 いずれにせよ、自動車の大転換期に、今、私たちは立ち合っていることだけは間違いないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

3/28の傍観車

 トヨタ・ミライはウチの近所ではまだ見かけませんが、ここにきて、燃料電池車が次世代自動車の本命として急浮上してきたんではないでしょうか。

 ネックといわれ続けてきた水素ステーションのインフラ整備も、各石油系企業の参入、古豪イワタニの計画が話題に上るなど活発になってきたからです。

 キーワードは、老朽化したガソリンスタンドが水素ステーションへスムーズに転換できるかどうかですが、ここは企業側の営業力・戦略次第といったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

3/27の傍観車

 軽自動車のヘヴィーデューティーカーといえば、スズキ・ジムニーでしょう。

 以前は三菱にパジェロミニという有力なライバルがあったのですが、残念なことに現在は生産していません。

 本来なら、ダイハツからこの種のクルマが登場しても良いところなんですが、どういうわけか手を出してきませんよね。ただし、ハスラーに対してはウェイクという超ハイトワゴンをデビューさせてきました。

 個人的には、実用車を作らせると優れた手腕を発揮するダイハツに期待しているんですがね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

3/26の傍観車

 クロスオーバーと呼ばれるような「都会派のSUV」が隆盛を極める昨今、昨日採り上げたビーゴ&ラッシュやパジェロといった本格派の4WD車が今でも生産され続けているということは本当に貴重ですね。

 災害が頻発し、サバイバルの重要性も叫ばれる昨今、このような本格的ヘヴィーデューティーカーの存在意義は高まる一方で、メーカー側も新しい時代に対応した新しい「万能車」の開発に少しでも早く着手して欲しいと願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

3/25の傍観車

 赤いダイハツ・ビーゴを見かけました。

 登場から9年が経ちますが、カタログを見ると何と現役なんですね。

 コンパクトサイズながら、エンジン縦置FRベースのセンターデフロック付フルタイム4WDという本格的なシステムを持っており、今となっては非常に貴重な存在といえます。

 ちなみに姉妹車のトヨタ・ラッシュも健在ですが、2台ともショールームで見かけることは皆無に等しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

3/24の傍観車

 アメリカで再び高級車が売れていると書きましたが、そもそもクルマの売れ行きなんて博打みたいなものだと言えなくもないんですよね。

 どんなに優れたデザインでも、不景気な社会では受け入れられず、実用的なものばかりが売れるという状況は、ここ日本で嫌というほど見てきています。

 したがって、デザイナー・スタイリストなどと呼ばれる人種は、挙って景気の良い国に集まっていくことになるのですが、何だか虚しい気持ちになることもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

3/23の傍観車

 昨日書いたソアラは、当時、ハイソカーなどと呼ばれたラグジュアリークーペです。

 このジャンル、日本では近年の長期景気低迷で、さっぱり売れ行きは落ちてしまいましたが、ここにきて急速に景気を回復してきたアメリカでは需要が復活し、後継機種であるレクサスSCの売れ行きが好調なんだそうです。

 でも、景気の良し悪しだけで飛ぶように売れたり、生産終了したりと、いかにもバブリーでギャンブル的な存在のこの手のクルマ…なんだか考えてしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

3/22の傍観車

 赤い3代目トヨタ・ソアラを見かけました。

 このモデル、初代、2代目と続いたいかにも日本的で端正な直線基調のスタイリングから、アメリカのデザインスタジオ(CALTY)でデザインされた欧米的な丸っこいスタイリングに180度転換しましたが、日本での売れ行きはあまり芳しくなかったようです。

 ところで、私が見かけた個体は、相当手荒に扱われてきたようで、塗装は艶を失い、ボディーもキズや凹みが散見されましたが、走りだけは健在で、豪快なエンジン音とともに走り去っていきましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

3/21の傍観車

 シルバーのホンダN-BOXを見かけました。

 このクルマ、昨日も書いたタントの成功を横目で見ながら開発されたことは間違いありませんよね。タントよりも直線基調の硬派なスタイリングがいかにもホンダらしいと思います。

 ちなみに、ウチの近所では、タントよりもこのN-BOXの方を多く見かけますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

3/20の傍観車

 シルバーの初代ダイハツ・タントを見かけました。

 去年は、全自動車の中での販売台数No.1となり、名実ともに日本を代表するクルマとなったわけですが、これで多くのユーザーがクルマに何を求めているかも明確になりましたよね。

 とにかくスペースは広く、でも、維持費は安く…、この条件を満たすにはこのカタチしかなかったのかもしれません。私が見かけた初代から現行3代目まで、完全なキープコンセプトで続いてきました。

 ただ去年は、これより更に背が高く広いウェイクがデビューしましたから、人気がこちらへ移行することになるのか、注目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

3/19の傍観車

 NAVi5が扉を開いたロボタイズトランスミッション(シーケンシャルトランスミッション)…今ではコンピューターの進歩で高機能のものが簡単に作れるようになりました。

 トランスミッションの機能という面ではDCT(デュアルクラッチトランスミッション)がトップだと思いますが、MTを自動化しただけのシーケンシャルトランスミッションは安価なため、今でもコンパクトカーなどのスタンダードクラスのクルマで採用される例がありますね。

 その最たるものがVWのUP!じゃないでしょうか。DCT(同社ではDSGと呼ぶ)を他に先駆けて採用し、ほとんどの車種に搭載してきたものの、このクルマに限ってはシーケンシャルトランスミッション(ASG)を採用しているのです。

 アジアや東欧圏などあらゆる地域で展開するワールドスタンダードカーとして、安価で整備もし易いシーケンシャルトランスミッションは当然の選択だったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

3/18の傍観車

 昨日ちょっと触れたいすゞのNAVi5についてもう少し…

 これは、当時台頭しつつあったパソコン(当時はマイコンなんて呼んでいましたね)をクルマの自動変速に使おうということで開発されたものです。

 理想的な変速タイミングをあらかじめプログラミングしておき、通常のクラッチ操作を油圧制御で自動的に行うのですが、当時はメモリの容量も少なく、あらゆる状況に対応するには至らなかったようです。

 したがって、人間の感覚とは微妙にずれたギクシャク感がユーザーの不評を呼び、いすゞ自体の乗用車開発の縮小とも相まって、次第に廃れていってしまったというわけです。

 ただ、調べてみると、トラック・バスなどにおいては、これの発展形が今でも搭載されているとか…乗ってみる機会はありませんが、ぜひとも試してみたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

3/17の傍観車

 車歴20年以上のクルマをもう一台。今度はいすゞ・アスカを見かけました。

 1983年から89年までの製造ということですから、初期型なら優に30年を超える車歴ということになりますね。

 私が見かけた個体は後期モデルで、残念ながら話題になったNAVi5(シーケンシャルトランスミッション)搭載車ではなく、通常の5速MTでしたが、状態は良好なようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

3/16の傍観車

 白い6代目トヨタ・セリカを見かけました。

 丸目4灯のヘッドランプと同じく丸みを帯びたボディーは明らかにアルピーヌA110をモチーフにしたものと思われますね。

 ところで、このクルマも車歴20年を超えるということになりますが、私が見かけた個体は手入れも良く、まだまだイケそうな感じでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

3/15の傍観車

 昨日採り上げたMX-6もそうですが、車歴20年を超えるようなクルマ…最近では珍しくなくなりましたよね。

 バブル期前後に日本のクルマ作りは頂点に達し、「モノの良さ」という点ではすでに文句のつけようがないレベルに達していましたから、現在まで乗り続けても何ともないというのは納得できます。

 ただ、自動車税をはじめとする維持費の増加分は、環境のためとはいえ頭の痛い問題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

3/14の傍観車

 マツダMX-6を見かけました。

 バブル景気に踊っていた1992年にデビューし、4年ほど生産されたものの、その後のバブル崩壊で消えていった3ナンバーの2ドアクーペです。

 当時はこのような「スペシャルティカー」が全盛でしたが、その中でもこのMX-6は洗練されたスポーティーなフォルムで、地味ながらも異彩を放っていたと記憶しています。

 私が見かけた個体は、20年を超える車体ながら、ずっと整備しながら使い続けてきたんだろうという様子が見て取れる状態で、決して新車同然というようなものではないものの、それなりにシャンとしていましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

3/13の傍観車

 車両価格が200万円近くにもなるものがある最近の軽自動車…それでも、購入後のランニングコストまで考えるとお得なんですよね。

 燃費に関しては、ハイブリットや電気、燃料電池車には劣るものの、その他の維持費での恩恵は大きいです。高速代をはじめ、保険や諸税、諸雑費など細かいところでも割安です。

 それが新車購入のうちの4割を占めるという理由に他なりませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

3/12の傍観車

 今売れている新車のうち4割をも占める軽自動車…メーカーも注視しないわけにはいきません。日産やトヨタまで軽自動車販売に乗り出すなど、各社なんとかクルマを売ろうと必死です。

 政府もこれに目をつけてか、4月からの登録分は軽自動車税(自家用乗用)が10800円に値上げされますが、それでもリッターカーの29500円の約3分の1ですから、割安です。

 また、メーカーの努力で、ここ数年の軽自動車のクオリティーアップには目を見張るものがあり、もはや小型車を凌ぐものまで登場してきました。

 ただ、その新車価格は200万円に近いものまであり、決して安いものではないというのが現状ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

3/11の傍観車

 クルマのスタイリングで隆盛を極めた感があるマッシブデザイン…最近ようやく違う芽が出始めているのを感じます。

 昨日まで採り上げたダイハツの新モデルやスズキ・アルトの新型も、今までのデザイン文法とは明らかに違うものですよね。

 直線基調で幾何学的、厳つさと攻撃的な面を持つ新しいスタイリング…はたして、これから定着していくことになるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

3/10の傍観車

 昨日採り上げた現行ムーブと同時期にデビューしたのがウェイクです。

 タントの更に上を行く車高は1835mmもあり、重量も軽自動車ながらとうとう1トンを超えてきました。使い勝手は小型車のミニバンに匹敵し、これまた軽自動車の概念を覆すものです。

 ただ、このクルマもスタイリングがダイハツらしからぬ厳つさで、伝統の品の良さが完全に失われています。

 どうも最近のダイハツは他社ライバル車を意識しすぎているきらいがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

3/9の傍観車

 黒と赤のツートーンの現行6代目ダイハツ・ムーブカスタムを見かけました。

 このクルマ、発表時に試乗もしたのですが、パフォーマンスの進化には目を見張りました。多少ステアリングがシビアなものの、15インチの55タイヤを履いていても乗り味はフラットでしっとりなめらか、多少乱暴に取回してみても車体の剛性が高いためミシリともしませんでしたね。これは従来の軽自動車の概念を超えるもので、「さすがダイハツ」と思ったものです。

 ただし、スタイリングに関してはホンダの影響からか、子供っぽいというか厳ついというか、とにかくデザイン的には全くいただけませんね。個人的には4代目の知的でスマートなスタイリングを高く評価していただけに残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

3/8の傍観車

 すっかり、スポーティーでアグレッシブなクルマを作るメーカーという印象が定着した感のあるダイムラー…

 一方で日本には、昔ながらの質実剛健な「ベンツ」を希望するユーザーが多いのも事実でしょう。

 本国では各ラインナップに「クラシック仕様」が設定されているのですが、最近、日本の正規輸入では設定されていない例が多いようです。

 単に売れないからという理由ではないと思いますが、この辺の改善を要望したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

3/7の傍観車

 赤いメルセデスCLAを見かけました。

 このメーカーの変化の象徴となったCLSの弟分的な存在ですが、むしろこちらの方が華やかでアグレッシブな印象がありますね。

 Aクラスをベースとしながらも、車格はCクラス並みで、おそらく、これの4ドアクーペバージョンとしての役割も担わされているのでしょう。

 個人的には、全長4.5m全幅1.7mくらいのコンパクトな4ドアクーペがあってもいいのかなという気がしますが、乗員スペースなどを考えてのメルセデスの判断ということなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

3/6の傍観車

 国産のステーションワゴン…本当に少なくなってしまいましたよね。

 積極的に作り続けているのはレガシーで一時代を築いたスバルくらいなものです。

 こちらは主力の欧米向けで大きくなってしまったレガシーを国内向けにややコンパクトにしたレヴォーグをデビューさせましたが、もはや大ヒットというわけにはいかず、知る人ぞ知る的な存在にとどまっています。

 ラゲッジスペースをしっかり確保しながらセダンのようにフォーマルにも、SUVやミニバンのようにカジュアルにも使えるステーションワゴンは、個人的には良い車型だと思うんですがね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

3/5の傍観車

 白い初代日産ステージアを見かけました。

 スカイラインのステーションワゴンバージョンという位置付けで、プラットフォームも共通ということから、国内屈指の本格的FRワゴンとして一時はかなり人気もありましたよね。

 2代目に入ってからも、本格的な走りを重視したモデルとして君臨しましたが、国内でのステーションワゴン不振の波を受け、2007年には生産終了となってしまいました。

 私が見かけた個体は、おそらく新車から大切に乗り続けてきたんであろうことが、ひしひしと感じられる状態の良さで、白い塗装もピカピカのままでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

3/4の傍観車

 三菱といえば、昨日も採り上げたGDIやEVなど「新し物好き」の会社ですよね。

 技術屋魂が疼くのか、他に先駆けて発売し、それなりに宣伝し普及させるものの、いつの間にか熱が冷めたようにフェードアウトしているということが続いています。

 最近はクリーンディーゼルを再び推そうとする動きがあるようで、パジェロやD:5などのテコ入れに熱心なようですが、今度こそ息長く開発販売を続けていってもらいたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

3/3の傍観車

 シルバーの三菱ミラージュディンゴ(初期型)を見かけました。

 超希薄燃焼型直噴ガソリンエンジン(GDI)を大々的に推進していた当時の三菱が、小型ミニバンとしてリリースしたモデルですが、今や残存数はわずかですね。

 このタイプのエンジンは排ガス対策が難しく、あれだけブームになったGDIやD4などのエンジン搭載車は続々と姿を消しました。

 現在では日本よりむしろドイツで盛んな直噴ガソリンエンジン…今後はどうなっていくんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

3/2の傍観車

 シルバーの現行プリウスαを見かけました。

 ヴィッツと同じようにフェイスリフトが行われ、逆スラントのフロントバンパーなどアグレッシブでスポーティーなスタイリングを取り入れたようです。

 ただ、ヴィッツに比べると全体としてみた場合のバランスが今一つで、マイナーチェンジ前の方がシンプルでスッキリしていたような気がしないでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

3/1の傍観車

 ツートーン続きで、今度はシルバーのルーフに紺のボディーというホンダ・N-ONEプレミアムを見かけました。

 この色味はシックでしたね。ミニやハスラーなどのポップなツートーンとは正反対です。

 ほかのバリエーションを調べてみても、総じてホンダのNシリーズは「落ち着いた大人のツートーン」を目指していることが分かります。

 いずれにせよ、いろんな色が街中に溢れかえることは活気をもたらすような気がして個人的には歓迎ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »