« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

8/31の傍観車

 現行トヨタ・タウンエースを見かけました。

 商用車としてごく普通に走っているこのクルマも、現行で大きく変化しましたよね。

 従来の系譜とは違う、インドネシアのダイハツで生産されるモデルを輸入する形となり、エンジンは1.5リッターガソリンのみに、車格もコンパクトになりました。

デザインはお世辞にもスタイリッシュとは言えませんが、見慣れてくると、フィアットかどこかの商用車にも通じる簡素な美を感じることが出来るから不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

8/30の傍観車

 BMWのクルマ…こころなしか、最近見かける数が減ったような気がします。

 もともとゲルマン車の中にあって、「伊達なイメージ」で売っていたメーカーですが、近頃は他のメーカーも随分垢抜けてきて、差がなくなったからだと考えることも出来るのではないでしょうか。

 特に、「野暮の代表」的な存在だったメルセデスの近頃の豹変ぶりは著しく、CLSあたりからBMWも真っ青というくらい軟派なスタイリングのモデルをリリースし始めましたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

8/29の傍観車

 白い現行BMW740iを見かけました。

 言わずと知れたメルセデスSクラスのライバルですが、両車とも最近は見かけることが減ったような気がします。

 スタイリングはBMWらしい流麗なものですが、設計年次が新しいグランツーリズモなどのクルマに比べると、若干古さを感じさせますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

8/28の傍観車

 白とブルーのツートーンの2代目フィアット・ムルティプラ(後期型)を見かけました。

 正規モデルなのか後からペイントしたものか分かりませんでしたが、この色は強烈でしたね。ただでさえ、目立つフォルムのクルマですから、完全に街中では浮いて見えましたよ。

 とにかく、クルマで目立ちたいという人には大いにおススメのモデルといいたいところですが、もう今は生産していませんからご注意を…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

8/27の傍観車

 ガンメタリックの日産GT-Rを見かけました。

 スカイラインの名前が取れてから、なんとなく存在感が薄くなったような気がしますが、日産がこのクルマにかける意気込みは相当なもので、こまめなマイナーチェンジの積み重ねは並大抵のものではありません。

 ちなみに、各社、フラッグシップの売れ行きは芳しくないものの、そのメーカーの技術的価値の尺度となるこれらのクルマはぞんざいに扱うわけにはいかず、開発の努力を続けているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

8/26の傍観車

 濃いピンク色の先代スズキ・ラパンを見かけました。

 特別仕様なのか、内装もシックな雰囲気で、大人な感じの個体でしたね。

 ちなみに、現行は丸目のテールランプを採用していますが、個人的には先代の縦型の方がデザイン的には良かったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

8/25の傍観車

 日本車のダウンサイジングターボエンジン事情…

 昨日書いたステップワゴンをリリースしたホンダは、今後この1.5リッターエンジンを他の車種にも展開していくことを公言しています。またトヨタも、オーリスに1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載し今年の4月から販売しています。

 他にも、日産は、ノートに3気筒1.2リッタースーパーチャージャーエンジンを、スバルは、レヴォーグに1.6リッターターボエンジンを採用しています。

 こうして見ていくと、欧州(特にVW)を中心に盛り上がっていたダウンサイジングターボエンジンのムーブメントに大きく乗り遅れていた印象の日本も、ここに来て、やっと盛り返してきたんだということが分かりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

8/24の傍観車

 白い現行ホンダ・ステップワゴンを見かけました。

 スタイリングは、正直、先代からそう変わり映えはしないのですが、中身の進化は大きいようですね。

 まず、個人的には、前にも書いたように、横にも縦にも開くテールゲート「わくわくゲート」の採用を評価します。そして、クルマとしての最大のトピックスは、国産車でようやく実現したダウンサイジングターボエンジンの採用でしょう。

 実際、街中を走っていたクルマも、心なしか以前のモデルより軽やかな加速をしていたような気がしましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

8/23の傍観車

 ホンダ・レジェンド…このクルマも日本ではハイブリットのみが販売されています。

 3つのモーターを駆使した高度な四輪駆動が特徴で、他社とは違うことが好きなホンダらしいものだと思いますね。

 ただ、街中で見かけることはめったに無く、フラッグシップでありながら主力ではないというジレンマを感じざるを得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

8/22の傍観車

 白い日産フーガを見かけました。

 今年2月にビッグマイナーチェンジを行い、フロントにインフィニティのエンブレムを奢るようになりましたが、私が見かけた個体はそれ以前のモデル(2代目初期型)でした。

 抑揚を強調したいわゆるマッシブフォルムの典型といえるようなエクステリアデザインも、見慣れるとなかなか優雅で趣があるように感じます。

 それにしても、気が付けば、国産各メーカーのフラッグシップセダンは軒並みハイブリット化されているんですよね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

8/21の傍観車

 アルトラパンの雰囲気が好きだという男性…実は、私以外にもけっこう多いんじゃないでしょうか。

 穏やかな空間でドライビングをゆったり楽しみたいという考えは、男女を問わないはずですからね。

 ただ、「運転好き」としては、長距離ドライブに備えてエンジンパワーのゆとりは欲しいわけで、軽自動車においてターボエンジンの搭載は必須なわけです。

 また、最新デバイスの搭載も男性にとっては大いに興味をそそられるところで、これらの条件を満たしたクルマの登場を心から願っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

8/20の傍観車

 淡いパステルカラーの現行スズキ・アルトラパンを見かけました。

 私は男性ですが、初代からこのクルマのファンで、特に内外装のデザイン・コンセプトが気に入っています。

 この3代目も全体のコンセプトは変わらず、世の中、何もかもスポーティー路線に傾く中、頑なに「生活」をテーマに穏やかなデザインを続けているのは絶賛に値します。

 是非、今回のモデルもヒットすることを密かに願っていますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

8/19の傍観車

 今や国産車で一番ホットな戦場となっているのが軽自動車でしょう。

 従来、スズキとダイハツの二強といわれていたところに、古豪ホンダがNシリーズを引っ提げて大復活を遂げ、三菱は昨日までに書いたように日産と組んでこれに割って入ろうとしています。

 他にもトヨタとスバルがダイハツから、マツダがスズキからOEM提供を受けることでこれを支えているのは周知の事実です。

 いずれにせよ、各社切磋琢磨することで、より魅力的なクルマが生まれてくるのは喜ばしいことなのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

8/18の傍観車

 日産の軽自動車…三菱との合弁によりデイズとデイズルークスがデビューしていますが、今後の事業の行方については、怪しい雲行きとなっているようですね。

 現状、製造に関してはすべて三菱サイドで行われていますが、これを日産が全面的に自社生産に切り替えようとしているという噂が出始めています。

 これが本当だとすれば、三菱にとって大きな痛手となることは間違いありません。

 アイやアイミーブなど、他社には見られない独特なクルマ作りが出来る土壌のあるこのメーカーの受難は、他人事ながら心配になってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

8/17の傍観車

 パールホワイトの日産デイズを見かけました。

 三菱との合弁事業によりeKワゴンの双子車としてデビューしたこのクルマですが、今や売れ筋は圧倒的にこちらの方ですよね。

 日産にしてみれば、してやったりというところでしょうが、三菱の方は内心、むっとしているんではないかと、ついつい心配してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

8/16の傍観車

 紺色の2代目三菱パジェロミニを見かけました。

 生産終了からまだ2年なので、私が見かけた個体も新車同様で、ボディーはピカピカに磨き上げられていましたね。

 それにしても、今やハスラーが大ヒットするなど、軽SUV復権の兆しがみられる中、パジェロミニももう少し生産を続けていれば、違った展開もあったのではないかと、つい思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

8/15の傍観車

 実用車の対極にあるのが「遊びグルマ」なら、スポーツカーもその範疇にあると言えます。

 ホンダで言えばS660はその最右翼にあり、納車待ちが1年といわれるほどの人気となっているのは皆さんご存知のところでしょう。

 今でこそ、フィットや軽のNシリーズが販売を引っ張っている形になっていますが、ホンダは本来、「遊びグルマ」のメーカーなんだと私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

8/14の傍観車

 ホンダは昔から時あるごとに「遊びグルマ」をリリースしてきました。

 そこで、昨日のデルソルに続き、もう一台書いておきたいのが、S-MXです。

 このクルマ、初代ステップワゴンの全長を切り詰めた、いわばショートバージョンなのですが、ターゲットを徹底して若者に絞り、当時流行り始めていた「カスタム仕様」のテイストを随所に取り入れたことが特徴です。

 特に、ローダウンをメーカーが行ったことには衝撃を受けたことを憶えていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

8/13の傍観車

 グリーンメタリックのホンダ・CR-X デルソルを見かけました。

 1992年登場ということですから、優に20年以上は経っているということになりますが、私が見かけた個体の程度は極上で、オーナーの愛着ぶりが伺われましたね。

 今の「遊びグルマ」は、先日採り上げたN-BOXスラッシュのように、実用性も犠牲にしないものが主流ですが、このクルマのように徹底して個人的な使用目的のものも、潔くて私はアリだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

8/12の傍観車

 昨日のN-BOXもそうですが、気が付けば、身の回りのクルマの大多数が、トールワゴンやミニバンなど背の高いクルマになっていますよね。

 同じクルマなら少しでもスペース効率の良いものをという合理的な考えが浸透したのと、経済的な理由で「遊びクルマ」を所有することが難しくなったという現実がそこにあるのではないかと推察します。

 そんな中で、N-BOX スラッシュのように、実用性と遊びの両方のニーズを満たす新ジャンルのクルマが生まれてきたのは必然といえるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

8/11の傍観車

 赤いルーフに白いボディーのホンダ・N-BOX SLASHを見かけました。

 車高を下げてサイドウインドーを切り上げただけで、こうも印象が変わるかという驚きが、このクルマにはありますね。

 派手なカラーリングも良くマッチしていて、これは新時代のスポーツカーだと私は思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

8/10の傍観車

 シルバーの現行トヨタ・イストを見かけました。

 ヴィッツベースのコンパクトクロスオーバーというコンセプトで初代は大ヒットでしたが、この現行2代目は一転、不人気車で、フルモデルチェンジの機会も逸していますね。

 この原因ですが、個人的にはデザイン・スタイリングにあると感じています。初代は当時のトヨタ車としては珍しいヨーロピアンテイストで、粋な感じが何とも小気味よかったものですが、現行は、よりヘビーデューティーなSUVテイストが強調されており、ちょっと街乗りにはごつ過ぎる印象なんですよね。

 また、初代が小型車枠で成立していたのに対し、現行は3ナンバーサイズになってしまったことも一因と考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

8/9の傍観車

 ステップワゴンの「わくわくゲート」に関してもう少し…

 このクルマのリアハッチ、縦は下からガバッと全開できるのですが、横は左半分のみがドアのように開くだけで、右側は固定されたままというものです。

 個人的には、横も大きく全開できた方が便利な気もするのですが、ヒンジをどこに設けるのかという点に関わるため、なかなか難しかったんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

8/8の傍観車

 ステップワゴンといえば、昨日書いたダウンサイジングエンジンもさることながら、縦にも横にも開くテールゲート(わくわくゲート)が話題になっています。

 このアイデア自体は昔からあったものの、なかなか実現しなかったところを見ると、開発に相当苦労したことが伺われますね。

 でも、実際に操作してみると、想像以上に動きは軽くスムーズで、ホンダ技術陣のレベルの高さを思い知らされることとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

8/7の傍観車

 白い現行ホンダ・ステップワゴンを見かけました。

 日本車にもようやく本格的なダウンサイジングエンジンを搭載したモデルが登場してきたという印象です。

 ただ、従来の2.0リッターから1.5リッターということですから、正直あまりインパクトはありませんよね。これが1.0リッターだったら凄いことですが、現実的には難しかったんでしょう。

 でも、軽自動車であれだけ鍛えられたエンジン技術をフルに発揮すれば、更なるダウンサイジングも可能なんじゃないかと個人的には思ってしまうんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

8/6の傍観車

 最近のツートーン車で最大のヒットといったら、スズキ・ハスラーじゃないでしょうか。

 発売当初、一年待ちなどといわれた納車も、増産体制を組んだおかげで随分消化したようで、近頃は街中でも頻繁に見かけることが出来ます。

 個人的には、特別仕様のシックなツートーンのバージョンが好みですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

8/5の傍観車

 シルバーのルーフに紺色のボディーというホンダ・N-ONEを見かけました。

 ツートーンというと、白か黒のルーフが定番ですが、このN-ONEのシルバールーフは、シックで高級感もあり良いですね。

 このクルマを見ていると、他にもシャンパンゴールドとか、いろいろツートーンのルーフに持ってきたら面白そうな色がありそうなことに、あらためて気が付かされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

8/4の傍観車

 シルバーの先代トヨタ・シエンタを見かけました。

 2003年からつい先日まで製造していたロングラン車種ですが、途中、2010年から一年ほど生産を中止していた時期があります。

 私が見かけたモデルはDICE(ダイス)と呼ばれた四角基調のフロントフェイスを持つモデルでしたが、従来のファニーな丸目ヘッドランプのモデルの方が個人的には好みでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

8/3の傍観車

 昔から小粋なデザインで支持者の多かったルノー…

 今は日産を傘下に収め、ダイムラーなどとの提携も含めると、世界的にも大きな企業体となっていますが、戦後、つい最近(1996年)まで純国営企業だったんですよね。日本でもルノー公団と呼ばれていたのを憶えています。

 調べてみると、今でもフランス政府が15%の株を保有しているということで、この繁栄からすると意外な感じもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

8/2の傍観車

 オレンジのルーフにブラックのボディー色というツートーンカラーのルノー・キャプチャーを見かけました。

 思わずハッとするような衝撃的なカラーリングですが、調べてみると、150台の限定車「ルシヨン」だったようです。

 ただでさえ注目を浴びるようなスタイリングのクルマですから、これ以上目立つことは無いと思いましたね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

8/1の傍観車

 建設会社の営業車に使われている現行ダイハツ・ムーブを見かけました。

 軽ブームといわれながら、このところ税金の値上げなどもあり、新車を見かけることがめっきり減っていますが、このムーブもそうですね。

 おととい書いたカスタムもそうですが、造り自体は相当レベルの高いものになっているので、営業車を含め、もっと売れてもいいクルマだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »