« 2/23の傍観車 | トップページ | 2/25の傍観車 »

2016年2月24日 (水)

2/24の傍観車

 赤や黄などビビッドな色合いのクルマが街中にも増えてきたようですが、ことインテリアの色味に関して日本車はプアと言わざるを得ません。

 特に黒の外装に黒やグレーの内装という陰陰滅滅な組み合わせのクルマのいかに多いことか…

 ヨーロッパなどでは、古くから白外装には青内装、黒外装にはベージュ内装という不文律があり、これは今でも多くのクルマで守られています。もちろん、個人の好みに合わせて内装をもっと派手な色味にすることも可能で、多くのユーザーはカラーコーディネイトを楽しんでいるようです。

 生産効率・コストの面からはマイナスでも、内装のバリエーションを増やすことは間違いなくユーザーの利益になるため、是非日本のメーカーにも再考してもらいたいところですよね。

|

« 2/23の傍観車 | トップページ | 2/25の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/62699484

この記事へのトラックバック一覧です: 2/24の傍観車:

« 2/23の傍観車 | トップページ | 2/25の傍観車 »