« 2/27の傍観車 | トップページ | 2/29の傍観車 »

2016年2月28日 (日)

2/28の傍観車

 アンダーステイトメントなプジョーといって、私がまず思い浮かべるのが505です。

 当時は西武自動車販売の扱いで、ショールームの奥の方にボルドーレッドのセダンが展示されていたのを憶えています。一見、型落ちのクラウンかと思う何の変哲もないデザインなんですが、いざドアを開けて乗り込んでみると、何とも言えない品の良い落ち着いた空間に包みこまれ、私はすっかり魅了されてしまったんですよね。

 後から知ったんですが、このクルマ(というかプジョーのクルマ全部)はピニンファリーナがデザインを担当していたということで納得しました。

 それを知ってからあらためて見ると、簡素ながら流麗なスタイリングは、確かにフェラーリと通じるところがあり、カースタイリングの奥深さを再認識させられた次第です。

|

« 2/27の傍観車 | トップページ | 2/29の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/62712171

この記事へのトラックバック一覧です: 2/28の傍観車:

« 2/27の傍観車 | トップページ | 2/29の傍観車 »