« 11/16の傍観車 | トップページ | 11/18の傍観車 »

2016年11月17日 (木)

11/17の傍観車

 パッソ・ブーンについてもう少し…

 現行3代目から、搭載エンジンが1.0リッター3気筒に集約されたことで、私は、このクルマがシャレード直系であることを再認識させられましたね。

 初代シャレードが発売されたのは1977年、「5平米カー」というキャッチフレーズが話題となり、日本に「リッターカー」というジャンルを定着させた立役者でもあります。また、この時採用された4ストロークの3気筒エンジンは、その後のコンパクトカー・軽自動車のエンジンに多大な影響を与え、それは現在まで続いているのです。

 「原点帰り」を果たした現行パッソ・ブーンが市場にどのように受け入れられるのか、興味が尽きません。

|

« 11/16の傍観車 | トップページ | 11/18の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/63902222

この記事へのトラックバック一覧です: 11/17の傍観車:

« 11/16の傍観車 | トップページ | 11/18の傍観車 »