« 5/13の傍観車 | トップページ | 5/15の傍観車 »

2017年5月14日 (日)

5/14の傍観車

 初代アウディTTと同時期に日本導入され、デザイン的なインパクトが強かったといえば、フォルクスワーゲン・ニュービートルです。

 RRレイアウトからFFに転換するという離れ業と、オリジナルのアイデンティティーを残しながらも、コンテンポラリーなポップテイスト満載のスタイリングは、まさに衝撃的でした。

 ドライビングシートからダッシュボードを経てフロントウインドウに至るまでの距離が異様に長く、バスに乗っているかのような乗車感覚には、正直戸惑いましたが、最先端のデザインコンシャスモデルを所有するという満足感は相当高かったのではないでしょうか。

|

« 5/13の傍観車 | トップページ | 5/15の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/64616839

この記事へのトラックバック一覧です: 5/14の傍観車:

« 5/13の傍観車 | トップページ | 5/15の傍観車 »