« 8/8の傍観車 | トップページ | 8/10の傍観車 »

2017年8月 9日 (水)

8/9の傍観車

 最近のマツダでデザインと共に「顔」となっているのがディーゼルエンジンでしょう。

 それまでのロータリーエンジンに替わって、新世代エコエンジンの切り札としてマツダが選んだディーゼル。ヨーロッパでは二酸化炭素排出量が少なく、エネルギー効率が良いことから以前より持て囃されていたものの、日本では黒煙(パティキュレート)の問題で敬遠されていました。

 そこにマツダは大胆に切り込み、尿素などの特殊な後処理をしなくても黒煙を除去する独自の技術を開発し、スカイアクティブDとして売り出したというわけです。

 最近は、いくつかリコールも出しているようですが、何とかこれを乗り越えて世界一のディーゼルエンジンを目指して欲しいものだと思います。

|

« 8/8の傍観車 | トップページ | 8/10の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114916/64953894

この記事へのトラックバック一覧です: 8/9の傍観車:

« 8/8の傍観車 | トップページ | 8/10の傍観車 »