« 3/30の傍観車 | トップページ | 4/1の傍観車 »

2019年3月31日 (日)

3/31の傍観車

 高額なクルマのことばかり書いていたら、金銭感覚がおかしくなりそうですが、今の時代、これだけのプライスタグを掲げるには、きちんとそれなりの理由があるわけです。

 たとえば、レクサスLFAなどは、開発に莫大な費用が掛かっており、あの価格でも大赤字だったとメーカー側ではコメントしています。また、現行NSXも、開発費はもとより、エンジンやシャーシなどにも高額な部材を多用しており、決してバブル期にあったような「ハッタリ価格」でないことは明白です。

 「納得いくものを納得する価格で…」、これらのプレミアム国産車をポンと買える懐が欲しいものです。(笑)

|

« 3/30の傍観車 | トップページ | 4/1の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3/31の傍観車:

« 3/30の傍観車 | トップページ | 4/1の傍観車 »