« 1/23の傍観車 | トップページ | 1/25の傍観車 »

2020年1月24日 (金)

1/24の傍観車

 クルマにとっての取り回しのしやすさ。前後重量配分もそうですが、普段使いで一番感じるのは、最小回転半径の小さいクルマほど扱いやすいということではないでしょうか。

 一般に、これが5.0m以下であれば、取り回しのしやすいクルマと言われているそうですが、個人的には、以前乗っていた日産マーチが4.4mだったこともあり、やはり、これくらいは必要だと思うんですよね。

 というのも、現在の愛車ダイハツ・キャストアクティバの最小回転半径が4.7mで、自宅の駐車スペース(縦列駐車タイプ)から一発で反対車線にUターンできないというのがあるのです。

 慣れとは恐ろしいものです…

|

« 1/23の傍観車 | トップページ | 1/25の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/23の傍観車 | トップページ | 1/25の傍観車 »