« 3/6の傍観車 | トップページ | 3/8の傍観車 »

2021年3月 7日 (日)

3/7の傍観車

 地球規模の環境負荷という観点で考えると、EVもFCVも水素エンジンも、既存の内燃機関とそう変わらないという考え方もあります。

 ここで私たちは、地球温暖化が、自動車の排ガスからも、火力発電所からも、それ相応に進むということを理解しなければなりません。

 それを踏まえた上での次世代自動車でなければならないのです。

|

« 3/6の傍観車 | トップページ | 3/8の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/6の傍観車 | トップページ | 3/8の傍観車 »