« 3/20の傍観車 | トップページ | 3/22の傍観車 »

2021年3月21日 (日)

3/21の傍観車

 手頃なサイズとコスパに優れたクルマこそ、庶民が求める「国民車」といえるでしょう。

 そんな意味では、ここ数年続く軽自動車ブームも納得できると思います。

 ただ、いくらスペース効率に優れる軽スーパーハイトワゴンでも、定員4人という軽自動車の限界があり、それ以上を求めた場合、どうしても小型車ということになるわけです。

 でも、国産車は長年、国際化の流れの中でサイズを拡大し続け、いつの間にか5ナンバー車の選択肢はごくごく限られたものとなってしまっていたのです。

 そんな中で、先日取り上げたロッキー&ライズやトール&ルーミー、ソリオ、クロスビー、フィット、ヤリスなど、このところジャストサイズの良いクルマが目白押しという状況なのは嬉しい限りですよね。

|

« 3/20の傍観車 | トップページ | 3/22の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/20の傍観車 | トップページ | 3/22の傍観車 »