« 4/1の傍観車 | トップページ | 4/3の傍観車 »

2021年4月 2日 (金)

4/2の傍観車

 今、多くのクルマが力を入れているのが、予防安全性の向上を含めた自動運転システムに向けた電子デバイスの充実です。

 最初に日本のユーザーがこのシステムを認知したのは、多分、スバルの「アイサイト」ではないでしょうか。以前よりADA、SI-Cruiseなどを展開していた同社が、これらを発展させ、よりリーズナブルな価格で提供するようになったのが、このアイサイトです。自動でブレーキがかかるという機能がセンセーショナルで話題となり、普及し始めたのです。

 その後、より安価でこれに近い機能を持った「スマートアシスト」がダイハツの軽自動車に搭載されると、一気に普及に拍車がかかりました。

|

« 4/1の傍観車 | トップページ | 4/3の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4/1の傍観車 | トップページ | 4/3の傍観車 »