« 6/17の傍観車 | トップページ | 6/19の傍観車 »

2021年6月18日 (金)

6/18の傍観車

 フランス車(私にとってはシトロエンBX)の衝撃、まだまだあります。

 ハイドロニューマチックサスペンションについては、これまで何回もこのヨシキログでは取り上げてきたので、そちらを見て頂くとして、それ以外について書いてみようと思います。

 ATは、日本人に馴染みの薄いドイツZF社製のAL4というユニットを採用していたんですが、これがアイシンなどの国産とはまるで違う変速感覚なんですよね。シフトポジションは、P R N A 3 2 1に分かれており、シフトロック機能こそないものの、マニュアル風に使うには便利に出来ていました。この辺は、いかにもMT好きのヨーロッパで作られたクルマといったところです。

 また、下り坂などでAレンジのままアクセルを離すと、ブレーキを踏まないのに勝手にシフトダウンし、エンジンブレーキがかかるというのも独特でした。でも、これが慣れるとこの上なく便利で、スポーティーにクルマを操れるようになるんですよね。

|

« 6/17の傍観車 | トップページ | 6/19の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/17の傍観車 | トップページ | 6/19の傍観車 »