« 7/30の傍観車 | トップページ | 8/1の傍観車 »

2021年7月31日 (土)

7/31の傍観車

 昨日の続き。

 シトロエンが先駆けたもの…、その二つ目が言わずと知れたハイドロニューマチックサスペンションです。

 昨日書いたトラクシオン・アヴァンは1934年から1957年までの実に24年間にもわたって生産販売されましたが、1955年にはその後継車であるDSがデビューします。パリ・サロンでのお披露目初日一日で1万2000件もの予約が入ったという逸話が残っていますが、それも当然といえるような革新的なクルマでした。後のポルシェ911を彷彿させる未来的な流線型の空力ボディー、ピラーレス4ドアハードトップ構造、そして決定的だったのが窒素タンクとオイルポンプによる革新的なサスペンションシステムとこれに統合されるステアリング、ブレーキ、ギアシフトなどのシステムでした。

 このハイドロニューマチックサスペンションは、後に数々のモデルに搭載され、最終的に2017年まで生産され続けましたが、その間、定常的にこれを採用し追従するメーカーは現れませんでした。やはり、その特異すぎるコンセプトと複雑な構造によるものだと今になっては思いますね。

|

« 7/30の傍観車 | トップページ | 8/1の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/30の傍観車 | トップページ | 8/1の傍観車 »