« 8/19の傍観車 | トップページ | 8/21の傍観車 »

2021年8月20日 (金)

8/20の傍観車

 数ある国産メーカーの中で、今のマツダといえば、スポーティーで高品質・ハイセンスなデザインのクルマという印象が強いのではないでしょうか。

 事実、この会社は、R360やコスモスポーツなど、当時のデザインレベルを超越したような極めて優れたスタイリングのクルマを数多く輩出してきた歴史を持ちます。ところが、過度な値引き販売に走ったり、品質が伴わなかったりしたこともあり、リセールバリューが極めて悪く、「マツダ地獄」などという言葉がまことしやかに言われていた時代もありましたよね。

 かくいう私も、かつて7代目ファミリアの3ドアハッチバックに乗っていた時期があり、その後の乗り換えの際、他メーカーに移ることが困難だったため、手近なところで、当時立ち上がったばかりのユーノスチャンネルで販売されていたシトロエンBXを購入するに至ったんですが、これは本当に瓢箪から駒でした。

|

« 8/19の傍観車 | トップページ | 8/21の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/19の傍観車 | トップページ | 8/21の傍観車 »