« 11/5の傍観車 | トップページ | 11/7の傍観車 »

2022年11月 6日 (日)

11/6の傍観車

 昨日も書いたディーゼル規制により、一時は、日本から完全に駆逐された感もあったディーゼル乗用車。

 それも、2010年を過ぎると、雪解けの気配が高まりました。その要因が「クリーンディーゼル」と呼ばれるコモンレール式をはじめとする新しいタイプのディーゼルエンジンの台頭です。そもそも欧州では、以前からこちらが主流で、黒煙をまき散らしながら走る旧態然としたディーゼルエンジンは日本の怠慢の象徴だったと言えるかもしれません。

 特に、この頃を境にマツダが大々的に推進し始めたSKYACTIV-Dと呼ばれるディーゼルエンジンは、欧州メーカーの最新ディーゼルにも引けを取らない出来で、多くの車種に採用されたことも手伝い、大ヒットとなりました。

 これにより、完全にディーゼル復活と言える状況になったことを考えると、マツダの功績は多大なるものだと思いますよね。

|

« 11/5の傍観車 | トップページ | 11/7の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/5の傍観車 | トップページ | 11/7の傍観車 »