« 3/11の傍観車 | トップページ | 3/13の傍観車 »

2023年3月12日 (日)

3/12の傍観車

 その時代時代で、注目される国が変わってきたクルマの世界。ゲルマン車の次に来ていると言ってもいいのがラテン車でしょう。

 ラテン文化圏のクルマ(おもにフランス車、イタリア車)は、ここ日本では、長い間、「変わり者の好むクルマ」として、決してメジャーな存在になることはなかったのですが、ゲルマン車に飽きた一部のクルママニアたちが流れ込んだことで、一般ユーザーの間にも認知が広がったのだと思います。

 近年、ごく普通の家庭の若いお母さんなどが、お子さんをシトロエンC3なんかに乗せてお出かけするところを見かけたりすると、私のような昔からのフランス車好きには、感慨深いものがあります。

|

« 3/11の傍観車 | トップページ | 3/13の傍観車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3/11の傍観車 | トップページ | 3/13の傍観車 »