2017年3月31日 (金)

3/31の傍観車

 水色と白のツートーンカラーのルノー・キャプチャーを見かけました。

 日産ジュークの兄弟車ということですが、パッと見た感じでは、ほとんど共通点は感じられず、フロントマスクなど典型的な今のルノーの意匠です。

 それまでの直線基調のモダンデザインから、丸みや柔らかさを強調したカジュアルなデザインに方向転換したわけですが、これには、スタイリストのヴァン・デン・アッカーが深く関わっていることは明白です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

3/30の傍観車

 シトロエンC4ピカソは、カテゴリーで言うとミニバンに属しますが、古いシトロエンファンにとって、このメーカーがミニバンをリリースすることに違和感を感じているかもしれません。

 でも、シトロエンとDSが別ブランドに分かれたことで、かつてのシトロエンを代表する優雅なサルーンは、DSからリリースされることになり、シトロエンからは、今後、ミニバンやクロスオーバーなどカジュアルな車種を出していくことになるのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

3/29の傍観車

 赤い現行2代目シトロエン・C4ピカソを見かけました。

 初代も充分モダンなデザインを採用していたため、現行にモデルチェンジした際、正直戸惑いを感じたものの、時間が経ってみると、これはこれでなかなか良いデザインだと思えるようになってきました。

 特に、液晶ディスプレイを大胆に採用したインパネは、ピカソの名に恥じないアヴァンギャルドなデザインですが、オーナーになった人が本当に使いやすいと感じているかは、いささか疑問ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

3/28の傍観車

 韓国車…2000年代初頭にヒュンダイが日本に進出し、一時は相当販売にも力を入れていたようですが、日本市場の壁は厚く、2010年をもって撤退しました。

 個人的には、出るクルマ出るクルマ、皆、どこか日本車のあるモデルに酷似しているなど、あまり良い印象はなかったのですが、昨日採り上げたマティスなど、小振りながら国際的なセンスを持つものもあったので、残念に思うところもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

3/27の傍観車

 ブルーの初代GM大宇マティスを見かけました。

 このクルマ、1999年に販売が開始され、当時はそこそこ見かけたものですが、その後、韓国車メーカー自体が次々と日本から撤退するにつれて姿を見かけなくなりました。

 丸目のヘッドランプが可愛らしいシンプルなスタイリングは、名匠ジウジアーロの作によるもので、20年近く経っても古さを感じさせないのはさすがです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

3/26の傍観車

 ヴィッツによって切り開かれた日本の本格的コンパクトカーブーム、それまでにも日産マーチなどは存在していたのですが、初代ヴィッツの衝撃は大きかったのです。

 まず、ダイハツ主導で開発された4気筒1リッターエンジンの出来の良さ、当時試乗した際、これは1.5リッターではないかと思うほど力強く活発な印象でした。更には、それまでのトヨタ車には無かった国際的にも通用するデザイン&スタイリング…、多くの人が長く乗り続けているのも当然といえば当然なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

3/25の傍観車

 10年選手以上で、良く見かけるクルマ…初代トヨタ・ヴィッツが、まず挙げられるのではないでしょうか。

 日本にコンパクトカーブームをもたらした張本人ともいえるこのクルマ、売れた数も多いので当然といえば当然の結果かもしれません。

 でも、これだけ長く乗り続けられるというのは、それだけ造りが良かったということの裏返しでもあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

3/24の傍観車

 DSほどではないものの、最近は古いクルマに乗り続けている人が多いですよね。

 国産車でも10年選手は当たり前、以前には考えられなかった20年選手なんていうのも珍しくなくなりました。

 かくいう私も、愛車マーチが14年目を迎え、ますます愛着がわいている今日この頃です。(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

3/23の傍観車

 以前、見かけたシトロエンDSを再び見かけました。

 古くも見えるし、新しくも見える、つくづく不思議なデザインです。

 思えば、このクルマ、1955年の発表当初から「異次元の自動車」とか、「宇宙からやってきた乗り物」などの異名をとり、当時の常識を覆したデザインでした。

 それが60年経ち、時代を超越したということに意味があり、凄いことだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

3/22の傍観車

 最近のクルマを見ていると、アンダーステイトメント(控えめ)な上品さを感じるものが、めっきり少なくなったと感じますね。

 ヘッドライトの目つきは凶暴さすら感じさせるものですし、スタイリング自体も「俺が、俺が」と言わんばかりのアグレッシブなものが目立ちます。

 そんな中で、ダイハツがキャストを皮切りに始めた新しいデザインの傾向には、見るべきものがあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧