2020年10月27日 (火)

10/27の傍観車

 白い現行4代目ホンダ・フィットを見かけました。

 クルマが売れないこのご時世の中で、なかなか健闘していると思いますよね。

 理由はいくつかあると思いますが、個人的には「飾らない日常」というマインドにぴったりだったからではないかと推察しているんですが…

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

10/26の傍観車

 ファストバックスタイルのSUV。最初は違和感がありましたが、あまりにも多くのメーカーから登場してきたため、最近では、感覚がマヒしてきた感があります。

 でも、考え方を変えて、これは、タフでごついクーペなのだと思えば、納得がいくような気もしますね。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

10/25の傍観車

 黒いジャガーEペイスを見かけました。

 BMWのX6に端を発したクーペライクなサイドビューを持つSUV、Eペイスもその流れを汲むものだと思います。

 でも、さすがはイアン・カラムのデザインだけあり、ジャガーらしくまとまっていると言えますが、よくよく見てみると、少々鈍重な印象もあるような気がしないでもありませんね。

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

10/24の傍観車

 維持費が低くても、所有することに満足感が高いクルマ…私の理想ですね。

 何度も書いていますが、ダイハツとホンダが軽自動車でハイブリット化に消極的な理由がその辺にあるのだと思います。

 ダイハツは言わずと知れた「良品廉価」の思想に反していると考えているのか、ホンダはバイクで培った「エンジン屋」としての誇りを貫きたいと考えているのか、いずれのメーカーにも言い分があるのでしょう。

 個人的には、どちらも支持したいですね。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

10/23の傍観車

 私が個人的にハイブリットを好きになれない理由。それは、長い目で見たときのメンテナンスコストの問題です。

 ハイブリット車の要となるのは、いうまでもなくモーターとバッテリーです。モーターに関しては、電車などを見てもわかる通り、エンジンよりも遥かに耐久性が高く、造りも単純で良いのですが、問題は、バッテリーです。

 現在主流のリチウムイオンバッテリーは、コストもまだ高く、数年使い続けることで「へたり」の問題もあります。そうなると交換の必要性があるのですが、その費用がエンジンのメンテナンス費の上に掛かってしまうのです。

 そこまでひっくるめてみると、クルマはなるべくシンプルな造りであるべきだと思えてくるんですよね。

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

10/22の傍観車

 偉大な功績のあるワゴンR。このクルマも含めて、現在のスズキが熱心なのがハイブリットの導入ですよね。

 競争の激しい軽自動車界において、カタログ燃費も上がり、付加価値により単価も上げられることからだと思います。

 ただ、個人的には、これが本当にユーザー益となっているのかどうか、正直判断できませんねぇ…

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

10/21の傍観車

 ワゴンRといえば、軽ハイトワゴンの草分けとして知られていますよね。

 思えば、このクルマがなかったら、更に全高を伸ばしたダイハツ・タント、ホンダ・N-BOXなどの軽トールワゴンの登場もなかったわけで、今に与えた影響の大きさを痛感してしまいます。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

10/20の傍観車

 シルバーの4代目スズキ・ワゴンRを見かけました。

 初代をイメージした現行6代目より、品質感の高さを感じてしまうのは、私だけでしょうか?

 このクルマに限らず、新しいモデルの方が、過去に比べチープな感じがするものが、最近多いような気がしてなりません。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

10/19の傍観車

 高級車、プレミアムブランドの代名詞であり続けるメルセデス。

 考えてみれば、Sクラスでなくても、その上質感は十分味わえるともいえますよね。

 初代Cクラス(W202)などは、コストダウンの影響が顕著で、ゲルマンプレミアムというには全く及ばないものでしたが、現行モデルでは、Sクラスも真っ青という上質感を呈しています。

 これも、現在のメルセデスに「クラスレス」の思想が徹底しているからに他ならないと思うのです。

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

10/18の傍観車

 気が付くとメルセデスのSクラス…身の回りから大分消えてしまったと思いませんか。

 日本がバブルと呼ばれた1980~1990年代には、街を歩けばSクラスにあたるというほど、首都圏はおろか、地方都市や郊外の住宅街でも見かけたものです。

 もちろん、今でも、メルセデスは輸入車の大人気ブランドですし、いたるところで見かけることが出来るのですが、ことSクラスに限って言えば、滅多に見ることがなくなってしまったと感じているのは、私だけでしょうか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧